里見浩太朗 かつては仲買卸売業の名優が語る「築地の思い出」

投稿日: 2016年10月08日 06:00 JST

image

「築地は、人の心がうごめいている場所、“あ〜これが生きているということだ”と感じられるところなのです」

 

そう語るのは俳優の里見浩太朗(79)。高校卒業後、歌手を目指して上京。築地市場の叔父の会社に就職した。

 

「私は、そろばん2級と簿記3級をもっていたから、てっきり経理として働くものだと思っていたんです」

 

里見の叔父は塩物や干物を扱う仲卸。経理係のはずだったが……。

 

「いきなり初日から、荷車で塩ザケの木箱とたらこが入ったおけを運ぶことになりまして。周りを見ると市場の石畳の上を何十台もの荷車がひしめきあっている。そして威勢のいい声や『馬鹿野郎!』と怒号が飛び交う。なんという世界に飛び込んでしまったのかと……。でも、青春真っただ中の私には、人の活力に満ちた場所が、なんともいえない楽しいことに感じられたのです」

 

すぐに築地の魅力にとりつかれた里見。毎朝5時に築地市場に通う日々が続いた。

 

「興味を引いたのは、仲買の叔父と料理人の小売りとの駆け引き。心と心のぶつかり合いには興奮を覚えたものです。また、まかないを任せられていたので、食材探しも私の仕事でした。顔見知りになると、時には『おう、もってけ』とマグロ屋さんに中落ちをいただいたりする。そんな働く人たちの“厚い人情”が何よりの魅力でしたね」

 

その後、芸能界入りし、俳優の道を歩んできた里見。いまの築地が置かれている現状には胸を痛めている。

 

「先日も築地に行きましたが、以前の活気がないことに寂しさを感じました。私も、あのまま叔父の店を継いでいたら“移転”すべきかどうか悩んだでしょうね。築地の人たちはみな純粋。今回の問題が、早くよい形で解決することを願っています」

【関連記事】

今年は不漁? 話題の築地で「さんまの仲買」を見学してみた

築地の女将たちが作る“激うま”休日朝ごはん簡単レシピ6
“日本一の魚屋”の築地目利き仕入れに同行してみた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング