11月新ドラマ主演で「『大人の秘めたもの』表現したい」

投稿日: 2016年11月28日 06:00 JST

image

 

「夫と一緒に見るのはなんだか忍びなくて……録画して、ひとりでこっそり楽しんでいます」−−そんな40代以上の女性も多いのが、NHK総合テレビで金曜の夜10時台に放送されているドラマ枠の通称“ドラマ10”。開始当初は火曜だったが、今回はおもに女性視聴者を意識して再開された。

 

「ドラマ10のヒロインに決まり、素直にうれしいという思いと、『え〜、私が!?』というプレッシャーのどちらも感じています。30代になり、これからまた女優としての新しい扉を開きたいですね」

 

そう語るのは、11月18日からスタートする『コピーフェイス〜消された私〜』で、ドラマ10枠で初めてヒロインを演じる栗山千明(32)。’16年春には林真理子原作の『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)でヒロインを演じ話題を呼んだ。同じ時期にドラマ10で放送していたのが、石田ゆり子主演の『コントレール〜罪と恋〜』だった。

 

「私が出演した『不機嫌な果実』は少しコミカルさもありましたが、『コントレール』の世界は真逆。石田さんの魅力と相まって、“大人の秘めたもの”を感じました」

 

それから半年を経て、自身もドラマ10のヒロインを演じることになった。

 

「ふだん以上に緊張しています。恋愛要素のある作品こそ難しいと思っているので、自分の中でも難易度が高いです。いつも感じているのですが、私たちの世代は30代でもまだどこか“子ども”な感じがします。10年とか20年前の“30代”女性は、ファッションや見た目も含めて、もっと大人なイメージがあるんです。たとえば、子どものストレートな感情ってわかりやすいですよね。でも大人には『実はこう思っている』というところがある。『笑って見せているけれど、心の中には悲しみがあふれている』というような、秘めているから切ない、陰のある魅力が、大人にはあると思うんです」

 

『コピーフェイス』は、病院の不正を暴こうとした雑誌記者が、飛行機事故により記憶を失ってしまい、さらには病院の理事長夫人と

入れ替わって−−と、美容外科クリニックを舞台に繰り広げられるラブ・サスペンス。栗山は理事長夫人と記者・和花の一人二役を演じる。美しいラブシーンが話題になることも多いドラマ10だが、『コピーフェイス』はどうだろう?

 

「やはり『好きだ〜!』と勢いよく抱き合う若い世代向けとは違います。『パッと目覚める和花。何も言わず見つめ合い、唇を重ねる2人』というふうに、すごくきれいで、大人っぽくて素敵なんです」

 

5歳の娘がいる“母親”を演じるが−−。

 

「本当の母に育児放棄され、母の愛を知らずに育った子どもと、こちらも育児放棄され、施設で育った和花。互いにぎこちないところから始まり、愛情を感じ合っていくので、応援するような感覚で見ていただけると思います」

 

今回はドラマ10には珍しくスパイ的な要素もあるそう。

 

「不正を暴くために、スパイのように病院の事務室に潜り込んだりするので、見ていてドキドキハラハラできると思います。愛、ミステリー、スパイと多くの要素があるドラマですが、どれだけ特殊な環境であっても、その奥にある普遍的なものは、好きな男性への思いや、子どもへの愛情。難しい役ではありますが、その愛や情に共感しながら演じることに、やりがいを感じます」

【関連記事】

栗山千明が明かす“美脚”の秘訣「お散歩で無理なく」

栗山千明 デビュー15年目で語る過酷な仕事の乗り越え方
松本人志、極楽山本の吉本復帰に「加藤を裏切ってほしい」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング