『金八』俳優辻本祐樹 帰省ですることは「母と水族館に…」

投稿日: 2016年12月17日 12:00 JST

image

 

「暮れの舞台の稽古で、今年はクリスマスどころじゃありません。ちょうどクリスマスは舞台の最後の稽古日で、稽古場は緊張感で張り詰めているはず」

 

“クリスマスを楽しむ時間がない”と苦笑するのは俳優の辻本祐樹(31)。“日本一泣かせる作家”宅間孝行率いるタクフェス特別公演『WHAT A WONDERFUL LIFE !』(12月27〜29日・東京グローブ座)の稽古に余念がない。

 

本作のテーマは「時間がない!」。4つのシチュエーションコメディのオムニバス作品だ。場面は「春の中山競馬場」「夏の花園神社」「秋のヤクザの組長の邸宅」「屋台のある冬の公園」。辻本はこのうち1本に刑事役で出演し、幕あいでも次の話につなぐ役割を担っている。

 

そもそも辻本が芝居に目覚めたきっかけは、小学5年のときに見たトレンディドラマ『ロングバケーション』。

 

「初めて泣いたんです。風景もきれいだったけど、俳優さんの演技に胸を打たれて、“何だ、この感情は!?”って」

 

生まれ育ったのは大阪府寝屋川市。関西の劇団を経て、テレビドラマ『3年B組金八先生』のオーディションに合格し、17歳で単身上京。一人暮らしを始めたそうだ。

 

「1人で外食するのが苦手で、ネットで調べながらギョーザを100個くらい作って冷凍したり、カレーを作り置きしたり。母のありがたみは身にしみていて、たまに帰省するとリクエストの水族館やUSJやカラオケに連れていってます。あまり会えないので、僕とデートしたいんでしょう」

 

そんな辻本も30代になり、芸能界ではだんだん下の世代も伸びてきている。

 

「先輩たちによくしていただいているので、僕も慕ってくれる後輩たちの力になれるようにしっかりしなきゃ」

【関連記事】

松井玲奈「アイドル辛かった」卒業までの苦悩と夢を告白

若手注目俳優・村上虹郎を直撃「楽しそうでいたい」
是枝裕和監督が明かした幼少時代…「野球選手が夢だった」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング