遊川和彦 映画監督初挑戦の陰にあった「90歳実母との約束」

投稿日: 2017年01月26日 06:00 JST

image

 

「30数年前に母親から『お前、就職もしないでブラブラしているけど、どうするんだ』と尋ねられたときに、『映画監督になりたいんだ、俺は』といったんです。てっきり母親からあきれられると思っていたら『お前ならそういうことを言いかねないと思ってた』『私がお前に与えられるのは自由だけだから好きにやりなさい』といってくれたんです」

 

遊川和彦監督(61)は目を潤ませながら語った。テレビドラマ『偽装の夫婦』『家政婦のミタ』で知られる人気脚本家の遊川さんが初監督を務めた映画『恋妻家宮本(こいさいかみやもと)』。昨年末に行われた完成披露舞台挨拶で「そのときの母を今、この瞬間に連れて来たいくらい自分は嬉しくて、今日はめでたい日です」と語ると、会場からは割れんばかりの拍手が贈られていた。

 

今月28日から、いよいよ全国東宝系で公開。阿部寛(52)と天海祐希(49)が初の夫婦役に挑戦している。子どもが巣立ち2人きりになった宮本夫婦をコミカルかつハートフルに熱演。ある日、妻が隠していた離婚届を見つけてしまうことから始まる、おかしくもいとおしい夫婦愛の物語だ。

 

「舞台挨拶には姉や妹も来ていてすぐ母(90)に伝えたそうですが、何のリアクションも返って来なかったそうです」と笑う遊川監督は、実は母子家庭だったという。

 

「父は僕が高1のときに家を出て行きました。ある朝、突然いなくなっていました。あとで捜して会いに行ったときは別の女性と暮らしていましたね。父はもともと生活能力のない人で、母が僕たち4人姉弟を育ててくれたんです。3番目の僕は母に『誰が一番かわいいか』とよく聞いていました。母には“僕だ”といってほしかったんですけど、いくら聞いても『みんな同じ』と答える。誰もいないところで聞いているんだから僕だと言ってもいいじゃないかと思うんだけど、しまいには『面倒くさいから、そんなこと聞くな』って」

 

遊川監督は「そんな母にもっと愛されたい、褒められたい、『あんたは本当に頑張ってるね』と言われたくて、必死でやってきたのかもしれない」と照れくさそうに微笑んだ。

 

「60歳になる前に受けた取材で『遊川和彦というクリエーターはある意味、完成したというふうに思う。それで60歳から70歳の間に最高傑作を作るんだ』と言ったんですね。その記事を読んだ母が電話をしてきまして。『おまえ、そんなこといったのか』と聞くから『いいました』と答えると、『じゃあ、私は100歳まで生きなきゃいけないね』と言ったんです。こういうことを言う人だから、素敵な人なんだなあと思いましたね」

 

そう振り返る監督の目尻には、光るものがあった。

 

「『100歳まで生きなきゃいけない』といわれちゃうと作らざるを得ないじゃないですか、ちゃんとね(笑)。母はいつも僕の作品を観てくれていて、感想も伝えてくれます。基本的には『あなたの優しさが出ている』と言ってくれるので、とりあえず根本はわかってくれているんだなと思います。ただ、本当に母は愛想はよくないんです(笑)」

 

そんな遊川映画がこの冬、日本中の人々の心をホットにする。そして監督も一番欲しかった母の言葉を手にするに違いない。

【関連記事】

「声なき声」頼りに…田渕久美子が語る大河ドラマの描き方

90歳石井ふく子がドラマ界に喝!「最近“家族”を感じない」
是枝裕和監督が明かした幼少時代…「野球選手が夢だった」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング