マルシア 1年半休暇で身につけた力「今はつらくても…」

投稿日: 2017年04月17日 06:00 JST

image

 

「子どもたちはエネルギッシュで稽古場はいい雰囲気。子どもの存在って大きいよね。稽古初日に『勇気があったらマルちゃんって呼んでね』と挨拶したら、みんなすぐにそう呼んでくれるようになりました」

 

こう語るのは、今年のミュージカル『アニー』で孤児院の院長ミス・ハニガンを演じるマルシア(48)。『アニー』は、日本での公演32年目にして原作に立ち返り、すべてを新しくするそうだ。

 

「やりがいがありそうなうれしい役でございますよ。私らしいエネルギーを爆発させようかな。演出家をはじめすべて変わるので、とても楽しみです」

 

ミス・ハニガンはいつも不機嫌で子どもたちを叱りつけている。

 

「怒ってばかりでコワい先生という印象をつけたくないな。なんで子どもたちに対してそんな態度をとるのか。実は、いつかは結婚して子どもをもちたいという女としての願望の裏返しじゃないかな。孤独だしね。だから強さだけを表に出してしまう。山田和也さんの演出で、ハニガンは私の中で生き始めました。どの作品でも初日の幕が開くまで役が私の中に降りてこないんですけど」

 

10代でブラジルから日本に移り住み、歌手としてデビューしてからずっと走り続けてきたマルシアは、5年ほど前に1年半の休みを取った。

 

「人生いろんなことがありますよね。ありすぎちゃってどうするんですか、っていうくらい。大事なのは、前進するためにどんな状況であれ諦めないこと。そうすれば必ず次に行ける。アニーみたいに“今はつらくても、明日になれば”と前向きに切り抜けるの。でも、今抱えてるこのつらさを通らなきゃいけない。それはね、しょうがない。人間・マルシアがこれまでの人生で諦めそうになったことは1回だけ。人間であること以外のすべてを捨てて新たな自分への一歩を踏み出そう、と。あれは自分をもう一回見直すための時間だったな、って今は思う」

 

人生の局面で冷静に切り替える力を身につけた。

【関連記事】

あえて大鶴義丹に聞く!「どうしたら不倫はなくなりますか?」

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係
仲間由紀恵“仕事セーブ”の陰にあった「37歳の本気妊活」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング