岡田准一 小栗は「役者としての思いを共有できる数少ない仲間」

投稿日: 2017年05月15日 06:00 JST

image

 

映画『鉄道員(ぽっぽや)』の監督・降旗康男と撮影・木村大作が9年ぶりにタッグを組み、出演も豪華俳優陣がそろう公開中の映画『追憶』。主演の岡田准一(36)と共演の柄本佑(30)は、本作で初共演ながら、すっかり意気投合!撮影の舞台裏を語り合ってくれました。

 

岡田「富山での撮影中、毎日一緒に食事に行ってたね」

 

柄本「うん。撮影時間より、サウナに行ったり飲みに行く時間のほうが長くて(笑)。結果、それが役づくりにつながったんですけど」

 

岡田「たっくん(柄本のこと)は飲んでもあまり変わらないよね」

 

柄本「いやぁ、岡ピー(岡田のこと)こそ全然変わらない。この前も朝4時まで飲んでたのに」

 

岡田「小栗(旬)くんと韓国料理を食べに行ったときだね」

 

柄本「小栗さんはいつものように盛り上げてくれましたね」

 

岡田「新幹線でみんなで一緒に東京に帰ったときは、座席を向かい合わせにしたりして。初体験だったけど、向かい合わせって修学旅行かマダムのご旅行のイメージだった(笑)」

 

柄本「どんだけ仲いいんだ、って(笑)。あのときは、岡ピーの撮影が終わるのを、小栗さんと2人で待ってから帰って。楽しかったな。自分でいうのも変ですがこの3人、とってもいいと思います(笑)」

 

岡田「小栗くんは12年ぶりの共演だけど、役者としての思いを共有できる数少ない仲間の一人だし、たっくんはお芝居がうまくて好きな俳優さんだったので共演できてうれしかった」

 

柄本「僕も『花よりもなほ』(’06年公開映画)以来、ずっとファンだったので一緒にお仕事ができてうれしかったです。撮影現場でも岡田さんが中心にいてどっしり構えてくれていたので、安心して作品の世界観に入れました」

 

岡田「たっくんは、セリフ一つでほれさせちゃう腕を持ってるからね」

 

柄本「それは、屋久杉のように神的な存在の岡田さんがそばにいてくれたからですよ!」

 

岡田「屋久杉って!からかってるでしょ(笑)」

 

柄本「本心からです(笑)。小栗さんも賛同してますし」

 

岡田「たっくんは、芸能一家ってところもすごい。家族が仕事に理解があるっていいよね。うちはふつうの家族だから、仕事の説明するのがややこしくて」

 

柄本「子どものころから家庭では映画の話しかしてないです」

 

岡田「そういう環境が、若いのに芸達者なたっくんを作ったんだね」

 

柄本「いやいや、岡ピー、またどこかで共演したいです!」

【関連記事】

岡田准一が語るいちばん可愛がっている後輩は?

これが岡田准一!?「捨て身で大好き」と新CMが話題
岡田准一の本気な打ち上げ「30万円宿泊券」を太っ腹提供

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング