『Lの世界シーズン5』〝キャサリン・メーニッヒ〟特別インタビュー!

投稿日: 2009年08月18日 00:00 JST

シェーンは女性の身体を持った 男性のキャラクターだと見ているの!

image「少なくとも私は、彼女は女性の体を持った男性のキャラクターだと見ているの。それは悪女としてのイメージに、オーラや不思議な魅力を与えている……そういったことが人々を惹きつけている理由だと思うわ」
LAを舞台にレズビアン達の生き様をディープに描いた『Lの世界』。日本でも大ブレイク中の本作で最も人気のキャラクター、シェーンを演じる、キャサリン=メーニッヒはその理由をこう分析した。
現在、シリーズファイナルとなるシーズン6の撮影中。女たらしのプレイガールは、作中で最も成長したキャラクターともいえる。
「シェーンは実に多くの変化を経験してきたからね。いつも自分を壊し続けてきた。どこが成長したか? 答えるのは難しいけど、シェーンが下してきた決断には、彼女の傷つきやすい面が大きく影響しているはずよ」
キャサリンの言葉からも伺えるように、ナイーブで葛藤を抱えるキャラクターでもあるシェーン。「演じることに欲求不満はあった」と明かす。
「彼女の選択に、私がいつも同意できるわけじゃないからね。彼女はいつもナイスな人間というわけではない。でも、いろんな間違いを犯しても、人々が彼女を応援してくれているのは嬉しいわ」
とはいえ、6年間演じ続けたキャラクター。女優・キャサリン=メーニッヒにとっても重要な役柄だったのでは?
「これだけ長い間演じてきた今、私たちはひとつになったと言えるわ。しばらく経つと、演じている役と自分の性格がひとつになり始めるもの。あなたが、もしある役を演じても、きっとそうなるはずよ」
演者とキャラクターが一致していくのと比例して、加速していくセクシー&ゴージャスな女たちのラブストーリー。シーズン6のオンエアは来年までのお楽しみだが、今月21日、シーズン5がDVDになって再登場! これまでに負けず劣らずのプレイガールぶりはもとより、禁欲生活、ノンケ女子への恋など、揺れ動くシェーンの姿から目が離せない! 
ドラマで釘付けになったあなたも、ドラマ未体験のあなたも。残暑はセレブ達が繰り広げる、アツく危険な“Lの世界”に熱中してみませんか? 熱中症にはご用心♡

きゃさりん・めーにっひ★

’77年12月29日、米ペンシルバニア州フィラデルフィア出身。母はブロードウェイのダンサーで、女優のグィネス・パルトローは従妹。’00年短編映画『The Ice People』でデビュー。TVシリーズ『Young Americans』('00)で男として大学に入学した少女を好演し注目を集める。『Law & Order 性犯罪特捜班』('03)、『CSI:マイアミ6』にゲスト出演。'08年、サイコ・スリラー『Remorse』初主演を果たす。最新作はロバート・デ・ニーロ共演の『everybody's Fine』。

『Lの世界』シーズン5  DVDコレクターズBOX
8/21発売! 10,290円(税込み)
**(20世紀 フォックスホームエンターテイメント)***

                  image

 ©2009 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.
Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング