長編大作『沈まぬ太陽』の幕間にバイオリンを奏でる歌姫 ダイアナ湯川インタビュー

投稿日: 2009年11月24日 00:00 JST

「音楽の持つ力で人々に多くのメッセージを伝えたい!」

image邦画史上、最大のスケールで制作された長編大作『沈まぬ太陽』(全国拡大ロードショー中)。

3時間を超える作品のため、劇場では約10分間のインターミッション(中休憩)が設けられているが、そこで流れるバイオリン曲を演奏しているのが今回の歌姫、英国在住のバイオリニスト・ダイアナ湯川さん (24)。

ダイアナを紹介するとき、また今回の映画になぜ彼女の曲が使われたかを説明するには、
彼女の亡くなった父親の事故について触れなければなりません。

じつは彼女、520人の死者を出した1985年8月の日航機墜落事故で、日本人の父を亡くし、その1カ月後の9月に生まれた女の子。

銀行家だった父親はノーベル賞受賞物理学者の湯川秀樹の一族で、英国人の母は、バレリーナのスザンヌ・ベイリーという血統なのです。

5歳からバイオリンを始め、14歳で衝撃のデビューを飾ったダイアナは、そのデビューを前に御巣鷹山で慰霊のバイオリン演奏をおこない、当時メディアでも大きく取り上げられました。

そして今回、『沈まぬ太陽』が映画化されると知った彼女は、
事故の関係者として、一人の音楽家としてこの映画に関わりたい
と自ら映画会社に働きかけ、楽曲『祈り[永遠の記憶]』を提供することになったのです。

ダイアナは言います。
事故を風化させてはならない。
二度とあのような惨事を招かないためには、人々が事故を忘れず語り継ぐことが大切
と。

そして、事故を知らない若い世代たちに「事故について知ってほしい」という思いを
音楽で伝えているのです。

今年、ソロとしては8年ぶりに活動を本格化し、10月に3作目となるアルバム『バタフライ・エフェクト』を発売。
もともとクラシックでデビューしたものの、クラシックだけにとらわれず、ポップスやロックなど他のジャンルとのクロス・オーバーな楽曲作りに果敢に挑戦中です。


エキゾチックな顔立ちからポンポン飛び出す言葉は明朗闊達。
自分の運命にポジティブに向き合う姿勢は、きっと聞く人に生きる勇気と力を与えてくれるはず!

それでは、インタビューをどうぞ!!

The Butterfly Effect/バタフライ・エフェクト

 

                                          image

ソニーレコーズインターナショナルより発売中
映画『沈まぬ太陽』参加楽曲『祈り[永遠の記憶]をボーナストラックとして収録

だいあな・ゆかわ★

'85年9月、東京、広尾に生まれ、生後まもなく母の祖国英国に移り、ロンドンに育つ。5歳でバイオリ ンを始め、’00年、14歳の夏、クラシカル・アルバム『天使のカンパネラ』でセンセーショナルなCDデビュー飾った彼女は、アルバム発売に先立ち、同年 8月12日に御巣鷹山にて父に捧げる『エレジー』を演奏し大きな注目を浴びる。同作品は、日本でのヒットに続いて、翌年彼女の本拠地英国でも 『Elegy』というタイトルでリリースされ高い評価を受けた。今年10月、2枚目のアルバム発売から8年を経てカムバックを果たす。


この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ボゴム スターダム駆け上がった”アノ時代劇”の舞台裏2017.12.12

今回のK☆STAR LOVERSは、パク・ボゴム(24)のインタビューの後編をお届け! 主演ドラマ『雲が描いた月明り』の撮影中のエピソードをたっぷりと、また、同作で劇中歌を披露したことにちなみ、今後...


ランキング