Honey L Days 力強いサウンドと個性的なハーモニーでその魅力を爆発させている『My Only Dream/Believe』が現在発売中!

投稿日: 2011年01月14日 00:00 JST

Honey L Days 力強いサウンドと個性的なハーモニーでその魅力を爆発させている『My Only Dream/Believe』が現在発売中!

                                             image

イケメン2人からなるボーカルユニット・Honey L Days(ハニー・エル・デイズ)
4枚目のシングル『まなざし』はTBS系列連続ドラマ『タンブリング』の主題歌となり話題を呼びました。

満を持して『My only Dream/Believe』をこのたびリリース。おふたりに新曲への想いやユニット名、これからについてうかがってきました! 

 

――前作の『まなざし』がテレビドラマ(「タンブリング」<TBS系>)に起用されヒットしましたが、新曲『My only Dream/Believe』をリリースされたいま、お気持ちはいかがですか?
KYOHEI「『まなざし』で僕たちを知ってくれた方が多いので、その方たちの期待にもこたえたいし、いい意味でも裏切りたい。今回の『My only Dream/Believe』は、いろんなテイストを織り交ぜて僕たちなりの等身大の3曲を収録しました」
MITSUAKI「『まなざし』をつくって手ごたえを感じて、そのときにつぎに出す曲が勝負になるなとKYOHEIと話しあいましたし、ハニエルのチームとしてもそういう気持ちでいたので、満を持してというか、すごく自信のある新曲ができたと思います」

――『まなざし』がヒットしてファンが増えた実感はありますか?
imageKYOHEI『反応はすごくありました。いろんなイベントに出させていただいて肌で感じることができました。『あ、タンブリングの曲を歌っている人たちだ』みたいな」

――08年にデビューして、これまでの曲は応援歌というか励ます内容が多いですよね。
KYOHEI「僕らが弱い人間なので(笑)、自分らを励ましていかないとやっていけないなということもあって」

――自分たちがつくるならこのような感じの曲と決められている?
MITSUAKI「ロックの激しい感じからバラードまで、いろんな分野にチャレンジしたいので特に決めてはないですが、どんな曲でも、歌詞は飾らない言葉で、等身大の自分たちの弱い部分、強い部分を表現していきたいと思ってます」」

――新曲『My only Dream/Believe』の紹介をお願いします。
KYOHEI「『My only Dream/Believe』は、僕たちとしても初めてのアニメ(デュエル・マスターズ クロスショック)の主題歌です。このアニメがあって、初めて自分のなかに沸いてきた曲で、ハニエルが歌おうとしているテーマと、アニメがもっている夢や希望や友情や絆のようなものとすごくマッチしていて、そのなかでもオープニングというアニメが始まる躍動感や疾走感をすごく大事にサウンド全開の展開の激しい曲になりました。僕たちもサウンドに乗ってのびのびと自由に歌えたのでテンションをあげたい一日とかドライブとか勢いをつけたいときに聞いてもらえたらと思いますね」
MITSUAKI「頭の歌詞が『限界こえて』なんですけど、歌も限界こえて歌ってみました(笑)」

――『My only Dream/Believe』はどういう願いをこめてつくられたんですか?
imageKYOHEI「『My only Dream』に関してはアニメの視聴者が圧倒的に小学生、子供世代なので、たとえ小学生がいまは意味がわからなくても、中学生、高校生になったときにわかるように胸の深いところに残るような歌詞を心がけました。今、意味がわからなくても言葉が持っている勢いとかは伝わると思うので。あとはハニエルらしいサウンドで曲をつくってほしいと言われたのでそこは思う存分つくりました。」
MITSUAKI「デモを聞かせてもらったときに、率直に、KYOHEIのロックのルーツが出ているなということをめちゃくちゃ感じたんですよ。勢いあるロックチューンだったのでいつもの歌い方じゃダメだと思いレコーディングが楽しみだなって思いました」

――レコーディングのとき大切にされたことは?
KYOHEI「いつもデモでつくりこんでからレコーディングに臨むので、自分たちのポテンシャルを最大限に引き出すことを心がけています。テンションをあげて明るく楽しくやることが結果良かったりするので」
MITSUAKI「限界を超えていこうっていうディレクションがあったので、テンション高くなるようなことを、たとえばライブのときなどをイメージして思うがままに歌いました」

――できあがったものを聞いていかがですか?
KYOHEI「バンドのレコーディングもおのおので遊んでもらったし、勢いが感じられるようになったと思います」

――ハニエルのユニット名の由来は何?
MITSUAKI「僕はみつあきという名前で普段はミツとかミっちゃんとか呼ばれていて、そのミツをもじってhoneyなんですよ」
KYOHEI「僕はキョーヘイという名前で、今日ってtodayじゃないですか。それをdaysにして、honey・daysなんですけど、男2人で“甘い日々”というのが僕ら的には気まずかったので(笑)、そのあいだにLをいれました。頭文字のKとMをアルファベット順に並べていくとそのあいだにLがあることに気づいて、Lを置こうと。ライブ(LIVE)で歌を届けていきたいし、ラブ(LOVE)やライフ(LIFE)のことを届けていきたくて、このLがいつも僕らを初心に返してくれるということで、決まりました」

――デビューして3年を迎えましたがお2人が知り合ったのは03年ですよね? デビューされるまでもお2人で活動されていたんですか?
KYOHEI「2人でいろんなところで歌ってました。個々にもインディーズなどで活動したりライブしたり。もともと僕はバンドをしてMITSUAKIはゴスペルをしていたので、自分にないものを持っていて、その探り合いがおもしろくて」

――音楽的な部分でお互いひかれるものがあったんですか?
imageKYOHEI「ステージのうえで自分と違った素材があって、それに対するアプローチが刺激になるし楽しいですね」
MITSUAKI「自分にないものがKYOHEIにたくさんあって、2人でやっていくのにはそこに意味があったので、いいところを出してぶつかり合うのと、ツインボーカルの存在意義という、今後もそこを突きとめていきたいですし」

――好きなアーティストもバラバラ?
KYOHEI「まったくかぶってないですね。僕は小さいころ住んでいたのがイギリスなので、ロック、ヘヴィメタ、ギターを聞いて育ったので。アレンジや音ばっかり聞いていたような気がします。いまは自分で曲を作るので言葉も考えるようになりましたけど」
MITSUAKI「僕は中学校のときはふつうにJ-POPとか聞いてまして、高校のころから洋楽を聞いて、大学からR&Bにハマって」

――お聞きしていると好きなものの接点がありませんね?
KYOHEI「人間的にも方向性が違う(笑)」
MITSUAKI「すげえ否定されている気がする(笑)」
KYOHEI「そういう意味ではなくて、選択肢が2つあるとぜったいかぶらない。女性の好みも全然違う。唯一ひとつだけかぶるのは好きな食べ物がレバ刺しということ。僕、健康志向なところがあってサラダとか果汁100%ジュースとかのこだわりがあるんですよ。こっちは不健康そうなものが好き」
MITSUAKI「べつにそんなことないよ(笑)」

――お互い長くいてケンカはない?
imageKYOHEI「ケンカにならない。考えてるポイントがズレているから。こだわるポイントも違うから、言い争いにならない」
MITSUAKI「それが長続きするコツというか」

――お互いの性格をどう分析する?
KYOHEI「MITSUAKIは3人男兄弟の末っ子でA型なので、上に2人いて、ぬくぬく育った感じはすごくいい意味で出ています。ひと当たりの良さだったり、自然体でふるまえるところとか、力がはいると裏目に出たりするところが。ひとを引きつけるのはそういうところなのかなと」
MITSUAKI「KYOHEIは自分の真逆。僕がすごいなと思うところは、ストイックなところ。曲ももちろんすべてにおいて妥協を許さない。細かいところまでチェックするし、そういうところはすごく尊敬できます」

――どちらが女性ファンが多いんでしょうか?
KYOHEI「MITSUAKIじゃない?」
MITSUAKI「KYOHEIじゃないの?」

――今後のハニエルの抱負は?
KYOHEI「いつもすごく先は見据えているんですけど、まず、目の前のことを大事に一歩一歩直実に進めていきたい。これをずっと続けていけば僕らが見ている高見にいつかは行けるかなと思っています。武道館やドームツアーをやりたいとか、たくさんの人とふれあえるところを目指していきたいです」
MITSUAKI「僕も一緒なんですけど『まなざし』という曲ができてチームの結束力も強くなったので、今まで支えてくださったファンやスタッフの皆さんに感謝の気持ちをもって2011年も進んでいきたいと思います。ハニエルを今後ともよろしくお願いします!」

はにー・える・でいず★

MITSUAKIとKYOHEIの2人から成るボーカルユニット。08年avex traxよりメジャーデビュー。愛称は『ハニエル』。昨年放送されたTBS系列連続ドラマ『タンブリング』の主題歌『まなざし』が大ヒット、その存在感を アピールした。『My only Dream/Believe』は通算5枚目のシングル。

CD『My Only Dream/Believe』

image

エイベックス 発売中
【CD+DVD】AVCD-31959/B ¥1,890(税込)
<収録曲>
My Only Dream
Believe
Answer
My Only Dream(Instrumental)
Believe(Instrumental)
Answer(Instrumental)
【CD】AVCD-31960 ¥1,050(税込)
<収録曲>
My Only Dream
Believe
Answer
まなざし(Acoustic Guitar Ver)
My Only Dream(Instrumental)
Believe(Instrumental)
Answer(Instrumental)

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング