真琴つばさ 昼ドラでテレビドラマ初出演にして初主演!

投稿日: 2012年04月18日 19:00 JST

真琴つばさ 昼ドラでテレビドラマ初出演にして初主演!
「私が演じるのは『洗濯機女』。自分と性格が近いかも」!?

image

宝塚歌劇団でトップスターとして活躍し、最近ではバラエティー番組などでも大人気の真琴つばさが、昼ドラに登場! 彼女が演じるのは、ファッション 誌の敏腕編集長。他人を顧みず、敵対するものを倒して生きてきた彼女は、息子の小学校入学で、PTAにかかわっていくことになる……。

まこと・つばさ☆

11月25日生まれ、東京都出身。85年、宝塚歌劇団に入団し、97 年、月組主演男役に就任。トップスターとして活躍し、01年退団。4月25・26日には、北京保利劇院で日中国交正常化40周年・日中国民交流友好年記念舞踊歌劇『木蘭』に出演。

ドラマ『七人の敵がいる!~ママたちのPTA奮闘記~』

image

東海テレビ・フジテレビ系にて、毎週月曜日~金曜・午後1時30分より放送中

 

――今回、ドラマ初出演にして初主演ということですが、舞台とは進み方などが違い、戸惑う部分があるのではないでしょうか?
「舞台は、物語順で進んでいきますけど、ドラマの場合、家のシーンだったらまとめて撮影、というように、時系列がわからなくなってしまうことがあるんです。ただ、撮影前に思っていたよりは、パニックにはならないですね」

――昼ドラの撮影を経験されての感想はいかがですか?
image「昼ドラの撮影って、『トライアスロン』だって聞かされていたんです。泳いだと思ったら、次はマラソンがあって、ずっと続く、みたいな。私の場合は、映画の『グランブルー』を思い出しました。潜って潜って、耐えて耐えて、出てきて、また潜る、そういう感じがしましたね」

――では、いまは体力的・健康的に気を使っている感じでしょうか?
「睡眠だけは、なるべく取るようにしています。でも、撮影が終わって、ご飯を食べて……となると、あまり多くは取れないですね」

――真琴さん扮する山田陽子という女性は、雑誌の敏腕編集長であり、妻でもあり、母親でもあります。母親役の感想は?
「こ れまで、子供に寄って来られるというよりも、どちらかというと怖がられたり、泣かれたりする役が多かったので(笑)、不安はありました。でも、台本を読ん で、演じる役が『理想の母親』ではなかったので、大丈夫かなと思いました。人間的に怖い部分はあるけれど、嘘が少ない。これが、おしとやかな母親役だった らとても悩んでいたかもしれませんが、そのままの自分が出せるかなと思って」

――真琴さんから見た山田陽子は、どういう女性ですか?
「い わば『洗濯機女』。自分で問題を起こして、みんなを巻き込んで、助けて……って感じです。それから、自分が思ったことを、率直に口に出してしまう人。言葉 の選び方がストレートすぎて、相手に失礼を感じさせてしまう部分がある。本人に悪気はないんですけどね。そういうところは、私と性格が近いな、とも思いま した」

――物語が進むにつれ、陽子の性格や感情は変化していくのでしょうか?
「そうですね。拒絶していたPTAに、いつの間にか溶け込んで、そのよさを知ったり。助け合いや、人との触れ合いが、いろいろな状況を変えていく第一歩だと気づいていくんです」

――役を通して、PTAという世界をを覗いた感想はいかがでしたか?
「やることがすごくたくさんあって、まるでひとつの会社だと思いました。今は働くお母さんが増えて、両立はすごく難しくなっているような気がします」

――PTA会長・上条圭子役を小林幸子さんが演じています。まったく笑わない役ということですが。
image「いつもと逆なんですよね。私は笑顔があまり得意じゃないですけど、今回のドラマでは子供に対してほほ笑む役柄。小林さんは、普段はいつも笑顔なのに、ドラマ の中では笑わない。私はこれまで、役で『悪魔の微笑』はしたことがありますが、このドラマで必要な、子供に対する微笑みには慣れていなかったので、そこが いちばん難しかったです。私、身近に子供がいなくて、自分と同じ目線で話しちゃうんですよ」

――息子の陽介を演じる笹原尚季くんとは、どのように距離を縮めていったんでしょう?
「時 間があるときは、おしゃべりしていますね。でも、彼は心臓がでっかいというか、物怖じしないタイプだと思いました。お仕事となると、すごく変わるんです。 プロですよね。それに、彼は彼なりに気を使ってくれているのもわかります。たとえば手を握るシーンで、この手の握り方は、私を信用してくれているんじゃな いかなって思うことがあって」

――それはやはりうれしいですよね!?
「指の強さっていうのは、画面では出ないところですけど、重要なことだと思います」

――共演してみて、子供のかわいさみたいなものを再認識されたのでは?
「尚季くんは、わんぱくなんですけど、何気ない瞬間、すごくかわいい顔をするんです。『お母さんは、この笑顔がほしいためにがんばっちゃうんだ』って。 夫婦生活も同じですよね。何かの瞬間に『私、この人好きかも』って思える瞬間があるから、夫婦生活が続けられるんじゃないかなって思いました」

――今後、真琴さんご自身のご結婚の予定というのは?
image「70歳までにはしようと思っています(笑)。今、役で薬指に指輪をしているんですけど、撮影所ではずしてきたはずの指輪の感覚が、家に帰ってきても残っているの。してないのに、感覚が残っている! って、ちょっとそれにびっくりしました」

――宝塚からのファンの方は、このドラマで真琴さんのイメージが変わるんではないでしょうか?
「みなさん、同じことを聞かれますけど、むしろ、以前から応援してくださっている方のほうが、私のかわいさを知っているんですよ(笑)。バラエティ番組で私を見ている方の“偏見”を、このドラマで変えられたらうれしいなと思います」

――4月25日・26日には、北京保利劇院で日中国交正常化40周年・日中国民交流友好年記念舞踊歌劇『木蘭』に出演されます。ドラマの撮影の中、タイトなスケジュールになりそうですね」
「私、生きていられるのかしら(笑)。撮影がすべて終わったあとが怖いです。燃えつき症候群みたいになりそうで」

――応援しています! 最後に、ドラマのPRをお願いします。
「この作品の魅力は、登場人物が全員、パーフェクトではなく、どこかしら欠点があるところ。いろいろなドタバタが、テンポよく描かれています。まだ台本が来ていないところもあって、私自身、これからの撮影の部分がどうなるか、いちばん知りたいんです。そこは、視聴者のみなさんも同じだと思うので、お昼の30分間を楽しんでいただきたいです」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング