濱田岳 伊坂幸太郎&中村義洋コンビの最新映画4作連続の出演に「役者冥利に尽きる」

投稿日: 2012年05月17日 00:00 JST

濱田岳 伊坂幸太郎&中村義洋コンビの最新映画4作連続の出演に「役者冥利に尽きる」

image

味のある演技と表情で人気の濱田岳が、主演を務める映画『ポテチ』。『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』と、原作・伊坂幸太郎、監督・中村義洋の2人がタッグを組んだ、4作品目の映画となる。

はまだ・がく★

88年6月28日生まれ、東京都出身。小学生のときにスカウトされ、俳優としてデビュー。04年『3年B組金八先生』(TBS系)に出演し、注目を集める。映画『アヒルと鴨のコインロッカー』(07年)で、第22回 高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。13年公開予定の中村義洋監督作品『みなさん、さようなら』でも、主演が決定している

映画『ポテチ』

image

Ⓒ2007伊坂幸太郎/新潮社

監督/中村義洋 仙台にて先行公開中 5月12日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開
Ⓒ2012『ポテチ』製作委員会

 

――最初に、完成作をご覧になっての感想をお聞かせください。
image「ものすごい充実感がありました。68分の作品なのに、いい意味で『この映画、いつ終わるんだよ』っていう。まるで2時間の映画を見たような感じが残りましたね」

――中村義洋監督から、4度目の出演ご指名となったわけですが。
「役者冥利に尽きるな、と思っているんですけど、僕にとって『中村組』は、いちばん居心地のいい組なんですよ。その人たちと過ごせる時間っていうのが、本当に毎日、楽しくて。『もっと撮ってもいいんじゃないの?』という気持ちになりました」

――何度も仕事をともにしている監督だからこそなんでしょうか。
「中村監督って、演技の話をあまりしなくて、いつも本番直前まで冗談を言って過ごしているんです。だから、初めて中村組で仕事をする人が、僕たちの関係をみてびっくりするんですよ。友達に近いんですかね。気があうんですよ、とっても」

――演技については最低限の話をして、あとはお任せということなんでしょうか。
「『こういうことをしてほしい』というのもないですね。僕、自分のなかで、笑いの感覚が近い人が、いちばん気の合う人だと思っているんです。監督がまさにそれなんですよ。だから、狙っているところがいっしょというか。それで、とくに話し合ったりもしないんです」

――濱田さんが思う、この作品の魅力は?
「井坂幸太郎さんの作品といえば、怖い部分があるんですよね。でも、『ポテチ』にはそれがないんです。だから、めずらしい作品のひとつかなと思っていて。とは いっても伊坂作品らしく、ほかとは違うテイストの爽快感もしっかりある。そして、それを中村監督が撮る。だから、面白くないわけがないというか」

――『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』そして今回の『ポテチ』と、仙台を舞台にした3作品に出演していらっしゃいます。仙台の印象はいかがですか?
image「『アヒルと鴨~』が公開されてから、自分で実感できるくらい、お仕事の量や、町で名前を呼ばれることなどが増えて、環境が変わってきました。それだけに『アヒ ルと鴨~』は、自分のキャリアで外せない作品になり、それとともに、仙台も僕にとって外せない場所になりました。だから、伊坂幸太郎さんと中村監督の作品 と聞くと『また仙台にいけるのかな』って思うんです。『フィッシュストーリー』は、仙台が舞台ではなく、残念と思ったくらいで」

――お気に入りの場所はできましたか?
「まだ、特別に好きなところというのはできていないんですけど、『牛たん 炭焼 利休』にはよく行きます。『「極(きわみ)」定食』を必ず食べますね。東京にもあるんですけど(笑)」

――今回、主人公の今村忠司を演じましたが、濱田さんとの共通点はありますか?
「いまだに役づくりというのがよくわかっていなくて。ただ、いつも、キャラクターと自分の共通要素を見つけるという作業はしています。今回の今村くんだった ら、彼の持つ『ド』がつくくらいの純粋さや、まっすぐなところを、僕の中で引き出して。そして、今村くんサイズに広げて、カメラの前に立つ。もちろん、ど の役もキャラクターは違いますが、どれも僕といえば僕なんです。とはいえ、正直なところ、そんなに深く考えていないんですけどね」

――演じる上で、今村忠司という人物をそう分析して、撮影に臨んだわけですね?
「語幣を恐れずにいうと、コミュニケーション上手な人から見れば、今村くんはすごいバカなんですけど、純粋な人なんです」

――どんな役も、濱田さんが演じると強く印象に残ります。でもそのたび、本当の濱田さんはどういう人なんだろう? という興味も見る側には湧いてきます。ご自身は、自分をどう分析されているんでしょう?
「ふふっ(笑)。ぼぉっとした、のんきな男です。マイペースで、食べ物のこだわりもあまりなく、服に関しても、とくに好きなブランドが決まってはいないし。欲 があまりないんですよね。人から『変わっている』といわれることはありますけど、どこが変わっているか自分でもわかりません。でも、あまりあせらない性格ですね」

――昨年、今年と、ドラマやCMなど、これまで以上に活躍しています。原動力は何でしょうか?
image「先ほども言ったように、のんきな男ですから、まわりの環境に左右されるということはないんですよ。ただ、デビューした9歳のころから感覚は変わってなくて、 現場で照明さんやカメラマンといった、職人さんの話を聞くのがすごく好きで。なので、お仕事が増えるのは本当にうれしいことなんです。現場に行く機会が増えますからね」

――役者という仕事の魅力をどういうところに感じていますか。
「この仕事って、理不尽なことも多いじゃないですか。たとえば『100回レッスンを受けたら連ドラに出られます』とか、そういう努力が認められないんです。今の芝居に自分では満足がいったとしても、それを決めるのはお客さん。そういう世界で声をかけてもらえるっていうのは、人としてとてもうれしいことであって。運が続くかぎり、出させてもらおうという気持ちです」

――では最後に見どころなどをお願いします。
「現場で先頭に立ってきた中村監督が『自分の作品でいちばんになるかもしれない』と言っていた作品です。原作の伊坂さんも『原作より面白いと言われたらどうしよう』とおっしゃっています。役者からすれば、そんなお2人の作品に出られただけでもすごくうれしいです。それに、信じている人がそこまで言うんだから、 お客さんにも喜んでいただけると思うんですよ。その点、自分のなかでも思い出に残る作品になったと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング