外山啓介 6回目となるリサイタルツアー開始 今年のテーマは名曲『展覧会の絵』

投稿日: 2012年06月28日 00:00 JST

外山啓介 6回目となるリサイタルツアー開始 今年のテーマは名曲『展覧会の絵』

image

とやま・けいすけ★

84年生まれ、北海道出身。5歳からピアノを始め、東京藝術大学在学中の20歳のとき、第73回日本音楽コンクール第1位を受賞。07年1月、エイベックス・クラシックスよりCDデビュー、これまでに5枚のアルバムをリリース。

ピアノ・リサイタル『展覧会の絵』

image

(C)Ayumu Gombi

8月1日(水)、サントリーホール(東京)ほか、大阪、愛知など10か所で開催。ツアースケジュールなどの詳細はオフィシャルウェブサイト(keisuke-toyama.com)まで。
問い合わせ:チケットスペース(03-3234-9999)
協力:タカギクラヴィア株式会社

 

――リサイタルを控えて、今のお気持ちは?
「怖いですね。追い込むのは2週間くらいまえからなんですが、気持ち的にはだいぶ切迫してきています(注:取材が行われたのは5月下旬)」

――このような、全国を回るリサイタルツアーは何回目になりますか?
image「6回目です」

――6回目なら、経験もあって、ちょっと余裕もできて……とはならない?
「身を削る作業なので、何回やっても怖いです。やはりクオリティは維持したいし。じゃないと、いらしていただくお客さんにも申し訳ないですから」

――今回のツアーのテーマは?
「『展覧会の絵』です」

――誰もが耳にしたことがある有名な曲ですね。
「よくコマーシャルで使われていますよね。ロシア人の作曲家、モデスト・ムソルグスキーの曲です」

――これを選ばれたのは外山さんご自身なんでしょうか。
「そうです。いろんな方に相談をさせていただいて、決めました」

――その理由をお聞かせください。
「2 年くらいまえ、僕の大好きなピアニストであるレイフ・オヴェ・アンスネスの『展覧会の絵』をCDで聴いて、すごく感動したんです。いろんなピアニストがこ の曲を弾いていますが、アンスネスの演奏したものは、自分の中にぴったりハマッて。それで、自分でも演奏してみたいと思ったのがきっかけです」

――外山さんのリサイタルにいらっしゃる方は、どんな方が多いのでしょうか。
「親子連れの方をよく見ますね。小さい子供と若いお母さんとか」

――そのお子さんが、外山さんのようなピアニストを目指している、ということなんでしょうか?
「だとうれしいんですけど(笑)。サイン会などで話す機会はあるんですけど、なかなかそこまで聞くことができないので」

――若い女性のお客さんも多いとお聞きしました。ステージから見ていて「今日は女性が多いな」と感じることはありませんか?
「客席って暗いから、ステージ上からは意外と見えないんですよ(笑)」

――『イケメンピアニスト』と呼ばれることに対して、ご感想は?
image「自分ではイケメンと思ってないので、逆に『すいません』っていう感じです。でも何より、ピアニストは音で勝負ですから」

――デビューされて5年たちましたが、この5年間はいかがでしたか?
「いろんなことがありました。その間に、2年ほどドイツに留学して、仕事に対しての考え方も変わりました。日本中のいいホールで演奏させていただいたりと、幸せな5年間だったと思います。大変だったこともありましたけど」

――アマチュア時代とは、どういうところが変わりましたか?
「プロとしてデビューしたてのころは、弾かせていただくことに精一杯でしたが、今は『どのようにしたら、お客さんに満足していただけるか、喜んでもらえるのか』を考えています」

――留学して演奏にいい影響が出たと思いますか?
「ヨー ロッパの“季節”を体験できたのはよかったな、と思いました。僕らが演奏する曲は、ヨーロッパの人が書いたものが多いじゃないですか。その人たちが、どう いう季節感の中で曲を書いたのかというのは、そこに住まないと分からないので。僕が住んでいた北ドイツのハノーファーは本当に天気が悪くて、冬は3カ月間 くらい、ずっと曇っているんです。でも春になると、花が咲き乱れて、人も家から出てくるようになって。そういう季節の移り変わりを感じられたのが、貴重で した」

――作曲家が曲を書いた環境を知ったことが、演奏に反映されている、と。
「そ れを知ると知らないでは、(演奏も)違うだろうと思います。小さいころは、(ピアニストとして)自分はヨーロッパの人間にならないといけないと思っていた んですけど、そうでなくていいんだ、と思うようになりました。リズム感も歴史も、ヨーロッパと日本は根本的に違う、でも、真似をする必要はないんだ、と。 それから『日本ってすごくいい国だな』って思えたのが、留学の収穫のひとつでした」

――外山さんは、ピアノを始められたのが5歳ということですが、きっかけを教えてください。
「テレビで音楽教室のCMをやっていて。それをみて『あ、これ弾きたい』って言って、習わせてもらったのが最初です」

――それが第一歩?
「はい。それから教室に通うようになりました。それで、習い事のひとつだったのが、だんだんプロになりたいと思うようになって、今に至るという感じでしょうか」

――最初にプロを意識したのは何歳ですか?
image「小さいときから『大きくなったらプロになるんだ』と思っていて、その気持ちに何の疑いも持ちませんでした。でも、気楽でしたよ。親がピアノや音楽について知 らないので、練習も強制されず『止めたいなら止めていいよ』という感じだったので。ピアニストになりたいと言ったときも『がんばってみれば?』という感じ でした(笑)」

――東京藝術大学在学中の20歳のとき、第73回日本音楽コンクール第1位。併せて増沢賞、井口賞、野村賞、河合賞、聴衆賞を受賞しました
「うれしかったですね。5つ同時受賞というのは、僕が初めてではないですが、僕を知っていただくきっかけになったと思います」

――普段はクラシック以外にどんな音楽を聴いているんでしょう?
「小さいころから好きなのは、Mr.Childrenです。ほかに、ポップスでもロックでも、気分でなんでも聴きます。もちろんクラシックも。カラオケにも行きますよ」

――今後は、どんなピアニストになりたいですか?
「これはずっと思っていることなんですけど、“音”で勝負できるピアニストになることです。ピアニストは自分の思っていることを、音でしか伝えられない。ですから、音色とか響かせ方とか、総合的に音で勝負できるようになりたいと」

――では最後に、リサイタルに向けての意気込みなどをお願いします。
「プログラム全体に、いろいろなものを集めています。来てくださったお客さまと、ぜひいい演奏会を作っていきたいと思います」


撮影協力:タカギクラヴィア株式会社

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング