和田秀樹 「感動して終わる映画ではありません」老年医療のプロが「介護」の映画を制作

投稿日: 2012年08月02日 00:00 JST

和田秀樹 「感動して終わる映画ではありません」老年医療のプロが「介護」の映画を制作

image

精神科医の和田秀樹氏はこれまで、老年医療の現場に20年以上、携わってきた。彼が映画監督としてメガホンを取った2作品目は、自身の原案をもとに、認知症を抱えた父とその娘の、苦悩や再生の物語だ。本作を通じて彼が訴えたかったのは、『介護離職』の現実だ。

わだ・ひでき★

60年6月7日生まれ、大阪府出身。東京大学医学部を卒業し、東京大学精神神経科助手、アメリカ・カール・メニンガー精神医学校国際フェ ローを経て精神科医に。受験、教育、精神問題などについて多くの著書を執筆、テレビやラジオのコメンテーターとしても活動している。

映画『「わたし」の人生(みち)~我が命のタンゴ~』

image

監督・原案/和田秀樹
出演/秋吉久美子、橋爪功、松原智恵子
8月11日(土)より、シネスイッチ銀座ほか、全国公開
(c)2012「わたし」の人生製作委員会
(公式サイト)http://www.watashinomichi.com/

 

――今回、認知症とその家族をテーマに選んだ理由は何だったのですか、改めてお聞かせください。
image「『女性自身』読者の方の中にもいらっしゃると思いますが、『介護離職』の現実について描きたかったんです。とくに女性の中には、介護のために仕事を辞めてい方がたくさんいるわけです。本格的に認知症の患者が増え始めるのは、年齢的に80代後半以降の人が多んですが、そうなるとお子さん世代は50代ですよね。自らの仕事の、仕上げの時期です。それなのに、親が認知症になり、目が離せなくなって仕事をやめる方が多い。その数、年間15万人。女性が仕事をがんばってきて管理職になり、内容にもやりがいを感じているのに、です。でも、親の介護というのはその後、何年も続きます。だからできるだけ、自分の人生を選んでほしいと思うんですよ。この映画が、それを考えるきっかけになれば、と思いました。また、劇中にも登場するエピソードですが、40代をこえると介護保険が給料から天引きされます。しかし、その介護保険を申請すると、どんなサービスを受けられるかを知っている人は少ない。そういう情報も映画を通じて伝えたかったんです」

――完成作をご覧になっての感想をお聞かせください。
「監督として2本目の作品ですが、役者さんの演技も、三枝成彰さんの音楽もよく、僕としては、いい仕上がりだなと思っているところです」

――映画を拝見して、アルゼンチンタンゴが認知症の症状を和らげる、ということが意外でした。タンゴに限らず、ダンス全般が認知症に有効なんでしょうか?
「体を動かすことが重要なんです。それから、歌もすごくいい。ただし、歌というと童謡と思っている人も多いですが、それだと子供扱いされている、と腹を立ててしまう認知症の方もいるわけです。その患者さんがカラオケに通っていたころの歌だと、機嫌がよくなります。おそらく10年、20年後には、老人ホームでビートルズやユーミンが歌われているかもしれませんね」

――もし、家族が認知症になってしまったら、どう接すればいいのでしょうか?
「認知症の方って、機嫌がいいときにはトラブルを起こさないんです。機嫌が悪いときに、感情のコントロールがとれなくなる。なので、機嫌を取るということは悪いことじゃないんです。患者が何かを言ってきたとき、それに反論すると、さらに機嫌を悪くしてしまうことがあります。相手の尊厳を否定したり、顔をつぶすような叱り方をするのではなく、機嫌のいい状態に持っていくのはとっても大事なこと」

――イライラしてしたり、怒ったりはよくないんですね。
image「いい結果にはならないでしょう。映画では、アルゼンチンタンゴを通じて、みんな機嫌のいい状態になっていますよね。タンゴが認知症の問題行動を抑えているというわけです」

――自分自身が認知症にならないためには、どうしたらいいんでしょうか。
「なるべく脳を使ったほうがいいとは言われていますが、防ぎようがないというのが正直なところ。だから、高齢者の問題は深いんです」

――監督が作品で伝えたかったことは、介護する側も、人生を楽しんでほしいということ、でしょうか。
「おっしゃる通りです。これまで、介護に関する映画はたくさん作られてきて、そういう作品は感動するし、泣けるんですけど、結局は『在宅介護がいい』と押し付けている感が否めません。いわば、“人間ドラマ的美談”で終わっている。実際に親を介護している人が観たら『私も最期まで在宅看護しなくちゃいけない』と思ってしまいます。それに、たまにしか顔を出さないような身内が、勝手に在宅介護のよさを語って、自分は『我、関せず』という態度を取るかも知れません。それだけでも、介護している人間はストレスを溜め始めてしまいます」

――たしかに、在宅介護が理想という風潮は、あるかもしれません。
「ですから、この映画は多くの女性に見てほしい。女性がいちばん“割りを食う”もののひとつが介護。介護は女性がしなくちゃいけないという、周囲からの圧力はすごいですからね。それと、介護というのは絶対に在宅でなければいけない、ということにも疑問を感じているんです。家で看取るのと、施設で看取るのと、どちらがいいのかは誰もわからない。『施設に預けて介護はプロに、定期的に施設を訪れて愛情は家族が』というやり方もあると思います」

――映画では、最後に現実的な選択をしていました。
「介護というのは、終わりがないですから、感動して終わるという映画ではありません」

――ところで、映画の初監督作品『受験のシンデレラ』では、2007年モナコ国際映画祭最優秀作品賞を受賞しました。大学生のときから自主映画を撮られていたとお聞きしましたが。
image「大学のときから撮っていましたが、むしろそのころは、映画を作るに借金をしたりして、うまくいかなかったんです。でも、当時知り合った人に、有名な監督を紹介してもらって、そこで映画のいろいろを学びました」

――では、若いころは映画監督志望だったんでしょうか。
「そうです。理想ですが、いつかは伊丹十三さんのような映画を作りたいですね」

――今後、監督として撮りたいテーマはありますか?
「高齢者の恋愛や、男女のドロドロした恋愛模様、裏の世界で本音の部分で生きている、暴力シーンのないアウトロー映画とか。あとは、日本で心理学を扱った映画がつまらないと思うから、僕が作りたい、という気持ちもあります」

――最後に作品のPRをお願いします。
「映画を夫婦でご覧になって、『自分たちは(親の介護について)どうしようか』といった、会話のきっかけになってもらえば。そういう役割の、社会派の映画があってもいいと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング