斎藤工 夢だった劇団の解散公演に出演 私生活での特技は節約&節制!?

投稿日: 2012年10月01日 00:00 JST

image

演劇界からも高い評価を受けている、劇団「東京セレソンデラックス」の解散公演が10月より始まる。「かねてからファンだった」と話す斎藤工は、12年の歴史のフィナーレを飾るこの公演で、念願だった出演を果たした。

さいとう・たくみ★

81年8月22日生まれ、東京都出身。高校時代からモデルとして活躍し、国内外のショーに出演。01年、映画『時の香り~リメンバー・ ミー~』で俳優デビュー。ドラマ『最上の命医』(テレビ東京系)、映画『愛と誠』(12年)などに出演。10月28日(日)より『日10☆演芸 パレード』(TBS系)のMCとしてレギュラー出演。

舞台『笑う巨塔』

image

作・演出/宅間孝行
キャスト/宅間孝行 芦名星 斎藤工 金田明夫 他
〈東京公演〉10月3日(水)~28日(日)、サンシャイン劇場にて。
〈大阪公演〉11月13日(火)~18日(日)、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて。ほか全国計7カ所で公演。
問い合わせ/株式会社オフィスセレソン (03‐3373‐0601)
(オフィシャルサイト)http://ts-dx.com/wp/waraukyotou/

シェラック プレスルーム  VIVIFY
井元文子(Creative GUILD)

 

――斎藤さんは、もともと東京セレソンデラックスのファンとお聞きしていますが。
「そうです。セレソンの舞台は、演劇で、人間の根源的なところの感情を揺さぶる点がすごいな、と以前から思っていて」

――いずれは、同じ舞台に出演したいと思っていたんでしょうか。
image「縁があれば、絶対に出られると思っていました。これまでも、自分のターニングポイントとなる人たちとは、いいタイミングでお会いしているんですよ。(同劇団の主宰の)宅間(孝行)さんも、そういうご縁があったのかなと思います」

――映画、ドラマと立て続けに出演されていますけど、今回の舞台の仕事は縁だと。
「自己啓発本ではよく『いいことをイメージしなさい』と書いてあったりしますけど、僕はそれでダメになったときに、立ち直れないんです(笑)。プライベートでも恋愛でも。ならば、低めの設定をイメージして、いい展開になったら、倍、うれしいんじゃないかと、そう思ってきました。今回のオーディションも『宅間さんに会いに行く』みたいな感じで臨みました」

――それで、出演が決まったんですね。
「はい。でも、オーディションのとき、手違いでセリフ原稿が1枚、足りなくて。相手役の方とやりとりをしていて、すっごーい間があって『なんでカットかからないんだろう』って思っていたら、宅間さんが『セリフは?』って。そのときはもう『あ、ダメだな』って思ったんですけど」

――それは、びっくりですよね。混乱したのでは?
「混乱したんですけど、それが逆によかったのかなぁ、と。今回の役と自分のキャラクターがハマッたのかな、と解釈しています。真相はまだ聞いていませんが」

――今回の役どころとは?
「総選挙を間近に控えた代議士の息子であり、秘書でもあるという役で、父の健康問題を必死に隠していく設定です。病院というワンシチュエーションで、いろんな立場の方がやってきて、そこからバタバタと……」

――宅間さんの脚本を読んだときの感想をお聞かせください。
「すごくテンポよく書かれていて“リズムが見える”ので、ポンポンと読めるんですよ。しかも、人物造形が深く設定してある。一見、ライトなのに、緻密なんですよね」

――コメディ作品ということですが。
image「『笑いをいかに取っていくか』という感じです。僕自身はシュールなコメディが好きで、『笑わすぞ』というものより、なんとなく滑稽、みたいな笑いが好きなんです。笑わせようと思うと、笑いって案外と、取れない。今回も、一生懸命な人間が滑稽に見える、という部分を演技で伝えられたらと思っています」

――舞台と映像の仕事では、違いはありますか?
「舞台だからこそ見つめ直せることがあったり、いろいろなことを考える時間があったりしますね。舞台に立つことで、見えない自分と向き合うことができるので、役者として修行の時間になります。貴重な経験を今、しています」

――プライベートな部分も少しお聞きしたいのですが、斎藤さんはお休みの日などは、何しているんでしょう?
「自分のプライベート? 何かドラマ性があったらお伝えしたいんですけど、ぜんぜん面白くないですよ。映画を見ていますね、ひたすら。ただ、それだと家から出ない生活になってしまうので、リハビリを兼ねて運動しています」

――では、最後に『笑う巨塔』の魅力や見どころをお聞かせください。
「宅間さんもおっしゃっていますが『遊園地に来る感覚で(劇場に)来てほしい』ということです。この作品は、『人を楽しませる』というぶれない大前提があるので、一人でも多くの人に楽しんでもらいたいと思います」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング