園子温 映画『希望の国』公開/インタビュー

投稿日: 2012年10月23日 00:00 JST

発表する作品がつねに話題となってきた、園子温監督の最新作が公開される。テーマは原発。これまでタブーとされてきたテーマを、オリジナル脚本で手掛けた。

その・しおん★

愛知県出身。近作では『恋の罪』(11年)がある。『希望の国』でトロント国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞。次回作は『地獄でなぜ悪い』 (13年3月公開予定)。12年は原作小説『希望の国』(リトルモア)、『非道に生きる』(朝日出版社)発売。『園子温初期作品集DVD-BOX』(ハピ ネット)が11月2日発売予定。

映画『希望の国』

image

監督・脚本/園子温 10月20日(土)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
©2012 The Land of Hope Film Partners
(オフィシャルサイト)http://www.kibounokuni.jp/

 

――原発をテーマに映画を撮ろうと思われた理由は、どういうところにあったんでしょうか。
「前作『ヒミズ』でバックグラウンドとして3月11日(東日本大震災)を扱ったことがきっかけです。そのまま別の映画を撮る気になれず『津波とは別に、原発の映画をちゃんと撮らなければ』と、『ヒミズ』を撮り終わってすぐに思いました。被災地に何度も足を運びましたが、福島のほうでは復興の兆しがなかなか感じられない。報道も、あんなに騒いでいたものがだんだん沈静化していくので、昨年から『来年は(被災地のことは)だいぶ忘れ去られるんじゃないかな』と感じていました。そこで、映画監督として、映画から発信して、もう1回、原発問題が話題になるといいなと、そういう思いから始まったんです」

――モノをつくる人間として、この状況を見過ごすわけにはいかないと。
image「多くの人たちが、いろいろな表現方法で原発の問題について発信する中で、映画界が黙っているわけにはいかないだろうと。ドキュメンタリー作品はあるけれど、いわゆる『ドラマ』という作品はなかったので、その形で発信したほうがいいだろうとも思いました」

――取材をされていて、福島県はほかの被災地と状況が違いましたか?
「そうですね。報道では被災地をひとつにまとめて『あれから1年』みたいなことをやっていますが、ぜんぜん違います。ひとつにしちゃダメなんですよね」

――作品を拝見していて、セリフなど、すごくリアリティがありました。かなり綿密に取材されたのでしょうか。
「細かい部分の描写も、取材の積み重ねです。『長島県』という架空の場所の設定にしたことで、よく『空想で(映画を)作ったの?』『想像が入っているんじゃないの?』って言われるんですけど、そういうことはありません。ある方の家は、庭のど真ん中から分断されていて、自分の庭なのに、入れないところがある。こっちは花が咲いているのに、向こう側は花が枯れているんです。これは空想や想像ではなく、実際に起きている現実なんです。ひどいところになると、家の中を2つに分断されている人もいます」

――そういうことも含め、これまで震災や福島への関心が薄れていた人にとっても、新しく気づかされる部分があると思いました。
「放射能の不条理さをどう描けばいいか、ずっと考えていました。その庭を見たとき『ここだ』って思ったんですよ。曖昧な、なんの意味もない境界線、こっちとそっちの空気は、何がどう違うのかという。あっちは避難しなければいけないのに、こっちは家にいていいという、不気味な状況を感じて、ここを拠点にしようと思いました」

――被災地に足を運んで、それを映像に残すことについて、批判などはありましたか?
「最初に『ヒミズ』の撮影で被災地を訪れたとき、批判されたことはあります。今回も迷ったんです、被災地を撮るか撮らないか。でも、撮るんだったらとことん撮るしかないと決めました。被災地に行くたび、更地化が進んでいて、今はただの草原というところもあります。報道だけでなく、映画で残すのも必要だと思いました」

――映像で記録として残し、物語には情緒や情感を残したかったということでしたが、人の心にいちばん訴えられるのは、やはりそういう部分だからでしょうか?
「原発がすぐそばにあって、それが爆発したら、いいか悪いかではなく、逃げなくちゃいけないという“宿命”があるわけです。僕はそれだけで十分だと思っていて、難しい話や情報、知識は本で読めばいいと思う。今回、取材していて、被災者から出てきた言葉は『あのときは寒かった』とか『怖かった』とか、そういう感情が真っ先に出ます。でも、それでいいと思うんですよね。『原発は怖い』という、単純な感情だけで映画を撮りたかったんです」

――生々しい感情が描かれ、ある意味、身に迫るような気がしました。『こういう現実を迎えた今、これからあなたはどうやって生きる?』という問いを投げかけられている気がしました。
「原発に関しては、僕も以前はどんと構えていました。でも今回、こういうことが起きた。一度は反省で済ませるけど、また同じことが起きたとき、次は本当に国民の責任だと思います。だから映画を撮ったということはありますよね」

――製作資金を集めるのが容易ではなかったと聞きました。やはり、原発をテーマにすると、そういう面でもシビアなことが起きてくるんでしょうか。
「最近の作品が話題になっていたこともあって、次回作は手を組もうと言っていたのに原発をテーマにすると言ったら、みんな、手を引きましたね。結局、台湾とイギリスから協力をもらって完成させることができました。けど、不思議ですよね、別に海外の人に向けて作っていないのに。海外の人に切迫した状況を伝える映画ではなく、これからの日本人のための映画だと思っているのに」

――あえて、タイトルを『希望の国』にした理由は、何かあったんでしょうか。
image「最初は、皮肉と、本当の希望のダブルミーニング。『ヒミズ』を撮って『震災のあと、僕は希望に負けました』と言ったんですけど、今や絶望している場合じゃなくなった。むしろ、希望を持たざるをえない時代になったと思うんですよ。絶望は当たり前のことで、東京にいても、放射能が検知できる。そこであえて、どう希望を持てばいいんだろうと考えることしか、もう、残されていないと思うんです」

――今後も原発をテーマにした作品は撮られていくんでしょうか。
「原発というより、3月11日に関して、その後の経過はこれからも撮っていきたいと思います。じつはもう、すでに1本撮り出しています。それとは別に違うエンタテインメント映画『地獄でなぜ悪い』も撮っています。これは13年の3月公開予定です」

――最後に、作品についてひとことをいただきたいんですが。
「原発問題は、遠い近いに関わらず、誰にでも起こりうる、みんなで考えていかないといけない話なんです。難しい言葉でなくてもいい、もう一度、原発について語りあってほしい。この映画がそのきっかけになって欲しいです。僕ひとりだけが、原発問題の映画を撮るのではなく、いろいろな監督が撮り始めてくれればいいな、とも思いますから。“草食系”監督ばかりの世の中、もっとでかいテーマの映画を撮ってほしい、と言いたいですね」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング