荻野目慶子が舞台『ディートリッヒ』でエディット・ピアフ役に挑戦。「悩んでいた自分を励ましてくれた」

投稿日: 2012年11月01日 00:00 JST

image

元宝塚トップスターの和央ようかが、伝説の女優、マレーネ・ディートリッヒの半生を演じた舞台『ディートリッヒ』が、2年ぶりに再演される。
映画『嘆きの天使』や『モロッコ』に出演して脚光を浴び、その妖艶な美貌で、世界中を虜にしたディートリッヒ。第二次世界大戦中には、祖国ドイツのため、反ナチスを掲げ、自ら前線に赴いた。そのとき歌った『リリー・マルレーン』は、彼女の代名詞ともなった。

演出、脚本、楽曲を一新して再演される今回、ディートリッヒの親友でもある歌手、エディット・ピアフを演じるのは、荻野目慶子。もともとピアフの大ファンで、20数年前、パリの墓地を訪れたこともあるという彼女は、47歳で亡くなったピアフと重なる年齢の今、舞台でピアフとして生きることに、大きな感慨を覚えるという。

9月末、本番前の稽古中の荻野目さんにインタビューした内容は次に続く。

おぎのめ・けいこ☆

'64年9日4日生まれ、埼玉県出身。'79年、舞台『奇跡の人』でヘレン・ケラーの少女時代を演じ、デビュー。その後も数多くの舞台 に出演。映画では『陽炎』('91年)『いつかギラギラする日』('92年)『忠臣蔵外伝・四谷怪談』('94年)で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受 賞。'11年には舞台『8人の女たち』に出演した。'13年は、1月に、舞台『阿修羅のごとく』(ル テアトル銀座にて)に出演するほか、映画『つやのよる』の公開が控えている。

舞台『ディートリッヒ』

image

脚本・演出/ 吉川徹
東京公演/10月29日(月)~11月4日(日)、青山劇場にて。大阪公演/11月16日(金)~11月18日(日)、森ノ宮ピロティホールにて。

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング