ジュリー・ベルトゥチェリ 脚本執筆中に夫を亡くし・・・家族の再生を描いたフランス人映画監督

投稿日: 2013年06月14日 00:00 JST

 

image

「私 のパパ、あの木にいるの」。庭にある大きなイチジクの木の下で、死んでしまった父親。それ以来、8歳の娘は、木に父親がいると言う。映画『パパの木』は、 オーストラリアの大自然を背景に、家族が再生への道を歩んでいく姿が描かれている。ジュリー・ベルトゥチェリ監督に話を聞いた。

じゅりー・べるとぅちぇり☆

68年、フランス生まれ。長編映画デビュー作『やさしい嘘』で、04年カンヌ国際映画祭国際批評家週間でグランプリ、セザール賞最優秀作品賞を受賞。『パパの木』は監督2作品目となる。父親のジェン=ルイ・ベルトゥチェリも映画監督。

映画『パパの木』

image

監督/ジュリー・ベルトゥチェリ シネスイッチ銀座ほかにて公開中
(C)photo : Baruch Rafic – Les Films du Poisson/Taylor Media – tous droits réservés – 2010

――オーストラリアの大自然という環境が、物語の要だと思いました。とくに、タイトルにもある「木」ですが、あの大きな木を探し当てるのにすごく時間がかかったそうですね。
image「2年以上かかりました。自分がずっと探し歩いていたわけではなく、スタッフの人たちが写真に撮ってきたものを見て、セレクトして、必要であれば現地に赴い て……というのを続けていたら、2年以上かかってしまったんです。全部で千本ぐらいの木を見たと思うんですけど、どれも納得のいく木ではなくて、しっくり こなかった。それで最初は都市の郊外で探していたのが、だんだんと田舎のほうへ行くようになりました。そうして、やっとある日、フランス人アシスタントが 探してきた木が自分の思うような木で。ひとめぼれして、決めました」

――家族が住んでいた、雰囲気ある家はセットですか?
「彼らの家は、木との距離感が必要だったので、家を買って好きな場所に運ぶようにしました。オーストラリアではよくやることだそうです。大きさと間取り、光の入り方などが重要なポイントでした」

――母親のドーン役をシャルロット・ゲンズブールが演じていますが、オーストラリアの物語なのに、フランス人の彼女が選ばれた理由を教えてください。
「本当は、ファミリー全員をオーストラリアの人にしたかったんだけれども、オーディションでたくさんの女性に会っても、しっくりくる人がいなかったんです。そ れで、オーストラリア出身のケイト・ブランシェットがいちばんいいと思ってオファーを出しました。でも、なかなか忙しくて、粘ってみたけれど出演が叶わな くて。そこで、設定そのものを変えることにしました。ドーンはフランス人だけれども、オーストラリアに来て、現地の男性と出会って結婚した、と。そのと き、オーディションせずに、すぐにシャルロット・ゲンズブールがいいんじゃないかと思いました。それで彼女に会い、シナリオを読んでもらって、出演となっ たんです」

――どのあたりが、ドーン役に適していたんでしょうか?
image「以前からシャルロットという女優が好きだったし、とても強い感性を持っていて、少女として、女性として、母として、幅広い世代の部分を自然に出せる人だなと 思っていたんです。シャルロットが本質的に持っているメランコリックな部分は、ドーン役に適しているとも。とっても美しい女性だけど、造形的に彼女はすご く美人というわけではない。そこがまたよかったし、シンプルで弱々しい部分も持っている。子供っぽいところもあり、母親としての部分もある。さらに、知名 度が高いこと、英語が堪能であること、そういったことも含めて、彼女に決定しました」

――オファーを出して快諾という感じだったんでしょうか? 撮影現場での彼女についてもお聞かせください。「すぐに快諾してくれました。撮影にいちばん遅れて合流したのが彼女だったんですけれど、ほかの出演者たちとすぐになじんでくれました。彼女は、役について話 してあって演じるタイプではないし、これまでの女優としての蓄積もあるので、テイク数もそんなに多くなかったです。それと、彼女が『いかにも演じている』 という演技をしないのがよかった。すごく抑制された、控えめな演技で。『ナチュラルに』と言っても、多くの俳優はオーバーに演じてしまいがちだけど、彼女 はそういうこともなかったです」

――この映画は、人の死を迎えながらも、希望を感じて前向きに生きていく姿が映し出されていますが、監督も脚本執筆中にご主人を亡くされたそうですね。監督は夫の死というものを、どう乗り越えたんでしょうか。
image「それを話すと長くなるんだけど、自分なりの時間をかけて喪失感を回復させていった気がします。偶然、この作品を準備しているときに亡くなってしまったけれ ど、いま思うと、それも『必然的な偶然』なのかなと思います。この物語は、自分の話とは切り離しているけれど、映画があって、子供たちもいたから、乗り越 えてこられたと思う。人を送る作業というのは、人によって個別の方法があると思うんですね。みんなが自分の方法を見つけて、再生していくことが重要なのか なと」

――監督は、フィクション作品のほかに、ドキュメンタリー作家としても活躍されていますよね。次の作品は撮られているのですか?
「いま映画のために書いているシナリオはありますが、去年は、ドキュメンタリーをつくりました。今後も、フィクション、ドキュメンタリー、フィクション……という流れでつくっていけたらいいなと思います」

――では最後に作品のPRをお願いします。
「この作品は希望を感じ、生に向かって歩んでいく姿が描かれています。震災のあった日本で、このタイミングで公開されるのは格別な気持ちです。大切な人を失うのは、避けられない道だけれど、喪失感は生きるエネルギーにもなります。幅広い層の方に見てもらいたいですね」

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング