吉行和子 主要キャストの年齢はみなオーバー70歳!高齢者の恋愛と心境を描いた映画に主演

投稿日: 2013年11月26日 00:00 JST

image
ユーモアがあってチャーミング。主人公のたゑも吉行和子も、周囲を朗らかな雰囲気にしてくれる素敵な女性だ。
「淡々と過ぎていく人生の花道を、燦さん々さんと輝かせてくれるお相手を探しております」
そんなセリフから始まる映画『燦燦―さんさん―』は、夫を亡くし、長い間、一人暮らしをしていた鶴本たゑ(吉行)が結婚相談所へ駆け込み、人生のラストパートナー探しに励む物語。主人公が77歳、ほかの主要キャストも70歳以上と、高齢者にスポットを当てた作品だ。

「『今日は一日、何をしたらいいんだろうって、悩むのはイヤだわ』というセリフがあるんですけど、年を取ると、やることがなくなっちゃう(笑)。でもそうではなく、燦々と生きられたらいいだろうな、と私も思っているんです」

亡き夫の口癖「毎日がスタートライン」をモットーに明るく生きるたゑだが、突然の婚活に、息子夫婦からは反対の声が。高齢者の恋愛や家族との問題を明るいタッチで描きながらも、当事者がいずれはぶつかる問題がちりばめられている。そんな高齢者の心境を33歳の監督が描いたことに、吉行自身も驚いたとか。

「同時に、感動しました。若い人が脚本を書くとね、お年寄りは化石みたいな描かれ方にされることがあるんです。『このおばあさんにだって、うんと若いときがあって、いろいろあったんだからね』って、私もときどき不満に思うことがあって。それが今回は、一人ひとりの気持ちが大切に描かれていた。なんて素敵な方だろうと思いました」

劇中で、たゑはタイプの男性を「ジョニー・デップ」と答える。吉行自身のタイプはどんな人?

「ちょっと危険な感じがする人が好きですね。ジョン・マルコヴィッチが好きで、その次に、私もジョニー・デップが好きなの(笑)」

そんなイケメンを探しに、今後、婚活の予定があるのかを聞いたところ……。

「私は面倒くさがり屋で、一人でいるのが好きなんです。楽しい仕事がいただけているだけで幸せだなと。仕事がピタッとなくなったら婚活でもするかもしれないわね(笑)」

充実した日々を送るための秘訣は?

「1回しかない人生、楽しまなくちゃ。みんな、楽しい人生を自分の手でつかんでほしいなと思いますね」

誰もが気になる、たゑの恋愛の行方は、ぜひ劇場で確かめて!
よしゆき・かずこ

8月9日生まれ、東京都出身。’57年、舞台『アンネの日記』でデビュー。映画『愛の亡霊』(’78年)で第2回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。これまでの出演作に、映画『折り梅』(’02年)、『東京家族』(’13年)などがある。’14年には出演映画『小さいおうち』、『御手洗薫の愛と死』の公開が控えている。

映画『燦燦‐さんさん‐』

監督/外山文治 11月16日(土)~、ヒューマントラストシネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ浦和ほか全国順次公開
©2013 埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ

 

【関連記事】

妻夫木聡 吉行に『入浴剤は何使っているんですか?』

山田洋次監督、『小さいおうち』でベルリン国際映画祭へ
氷川きよし、理想の暮らしは「老後は畑を耕したいです」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング