五木ひろし 今週の飛躍! 芸能生活50周年目前! チャレンジをし続けたキャリアは「最高の歌手生活」

投稿日: 2013年11月19日 00:00 JST

image
「12年前に名古屋、東京で上演したお芝居ですが、大阪では初めての上演となります」
大阪・新歌舞伎座の開業55周年記念として行われる「五木ひろし 特別公演」。舞台への意気込みを、本人が語った。
舞台は二部構成。一部は、彼が三味線の名手・杵屋弥市を演じる『三味線恋唄 風雪(かぜ)に吹かれて聞こえる唄は…』。
ある春の夜、曲作りを依頼されて料亭に呼び出された弥市は、そこで、親分の囲い者になっているかつての恋人と出会う。密会を重ねる2人だが、その仲が発覚。江戸を追われることに……。
今回、この作品を選んだ理由には、名優・勝新太郎という存在があったという。
「勝さんは杵屋一門で、三味線が非常にお上手でした。私自身、三味線という楽器に対してかかわっていましたので、いつかこのお芝居をできるようになったら、と思っていました。初演から12年、今回は三味線に対して、初心に戻ったような気持ちで臨みたいと思っています。もちろん三味線だけでなく、夫婦の絆や人情など、さまざまなものが凝縮された内容ですので、そこもより表現できるよう、稽古していきたいですね」
そして二部は、「ビッグショー2013」。昼夜、2回の公演が用意されている日も多いなか、両方を見ても「違う味」を感じられるよう、構成されているのが特徴だ。
「今、歌っている『博多ア・ラ・モード』で、私の歌の旅は九州までやってきました。そこで、北から順に〝歌の旅〞という形で、曲をお届けしたいと。『よこはま・たそがれ』があり、『千曲川(ちくまがわ)』があり、『長良川艶歌』があり……。それが、ショーのひとつのテーマです。もうひとつは、代表作のいくつかと、春に作ったアルバム『ブルース』から選んだ作品をメインにした構成を考えています」
’14年には、芸能生活50周年を迎える。自身のキャリアを「チャレンジの連続だった」と振り返る。
「とはいえ、最高の歌手生活であると思います。いろいろなことを経験してこられましたから。いちばん誇れるのは、そういったチャレンジを経験したことですね。自分の何よりの宝だと思っています。そしてこれからも、その気持ちは変わりません。自分が元気でがんばっている以上は、新しいことに挑戦する気持ちだけは持ち続けていたいと思っています」
50周年を迎え、五木ひろしがさらなる飛躍を見せる!
いつき・ひろし

’48年3月14日生まれ、福井県出身。’64年、第15回コロムビア全国歌謡コンクールで優勝し、プロ歌手デビュー。’71年に『よこはま・たそがれ』が大ヒットを記録、以後、数多くの楽曲を発表している。’07年11月、紫綬褒章を受章した。最新シングル『博多ア・ラ・モード/伊豆の国』が発売中。

舞台『五木ひろし 特別公演』

11月9日(土)~29日(金)、大阪・新歌舞伎座にて。問い合わせは新歌舞伎座テレホン予約センター(06-7730-2222)まで

【関連記事】

演歌界のゆるキャラ?おばさま魅了する徳永ゆうき18歳

美輪明宏が語る“人生をうまく生き抜くコツ”とは
北島三郎 結婚55年「嫁さんは自分の“最強のモニター”です」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング