「同性愛者であることは、神様からの最高のギフト」アップル社CEOの告白が持つ意味

投稿日: 2014年11月25日 00:00 JST

image

アップル社CEOのティム・クックさんが同性愛者であると公表したことが全米で大きな話題を呼んでいます。同性愛に対して比較的に開かれた文化のアメリカでさえ、大企業のトップがそうした事実を自ら公表することは極めて稀です。今回は、「創造性」と「マイノリティ」という二つの観点からこの問題を考えたいと思います。

 

一点目に「創造性」という観点から。異質に対する姿勢は、創造性に対する姿勢でもあります。創造性は、違和感から生まれます。当たり前なものに対して、我々が創造性を感じることはありません。一見、異質なものが社会的な価値を発揮し、その価値を人々が認めたとき、異質は創造性に変わり違和感は尊敬へと変貌していきます。異質だからといって違和感があるからといって最初から排除してしまうと、創造性は日の目をみることもなく永遠の闇に消えていってしまいます。

 

大量生産時代が過ぎ去り、時代は創造的な製品やサービスを生み出す企業が繁栄する「創造経済」に突入しています。創造的企業にとって、異質性はむしろ奨励されるべきもの。異質性の集まりである多様性を確保し、そのなかで行われるコラボレーションから如何に創造性溢れる製品やサービスを生み出すかが、競争優位のカギになっています。その創造経済を先導してきた代表的な企業こそ、クック氏が代表を務めるアップル社です。

 

ちなみに私の住むフィレンツェという小さな街でルネサンスという文明の大革新が生まれたのは、そこに創造性の爆発があったからであり、それを支えたメディチ家の存在があったからです。彼らが素晴らしかったのは、欧州各国の芸術家がフィレンツェに集まり異質な才能同士の自由な交流ができる「交差点」を提供したこと。いわば「創造性のための創造性」を発揮したのであり、その根幹にあったのが異質に対する寛容性でした。

image

二点目に「マイノリティ」という観点から。人間、マイノリティを経験しないとその心境を理解できないもの。クック氏は「自分が同性愛者であることは、神様からの最高のギフトだと考えている」と述べています。同性愛者というマイノリティであるがゆえにマジョリティの目が届かないところまで観察することができ、マイノリティへの感受性を持つことができたということでした。

 

私自身も20代の10年間は「自分がマイノリティになる環境」に身をおくべく、世界各国を転々としていました。マイノリティになると、自分の存在意義が常に問われます。対照的に、マジョリティの群れのなかにいると自分の存在意義が群れの存在意義と同じになり、自分を直視しなくても済みます。それは確かに楽ですが、自分の信念を貫くための強さは身に付きません。だから私は居心地の良さを警戒し、群れから離れ、枠からはみ出した。境界を越えて未知なる環境に飛び込むことで、より成長した未知なる自分との遭遇を求めた。そのためにもマイノリティであることを心掛けたのです。それを若いうちにどれほどしてきたかで、その人の器が決まってくると思います。

 

マジョリティのなかにいるときだけ自分の意見を主張する人は卑怯です。たとえ自分がマイノリティであるとしても信念を曲げることなく貫く言動ができる人こそ、リーダーに値すると言えます。“Think Different”という社訓のもと、異質や多様性を大切にするアップル社の経営トップが自ら同性愛者であると公表したことは、多くのマイノリティへ勇気を与えたに違いありません。今回のクック氏の告白は高く評価すべきであり、こうしたことがニュースにならない時代がいち早く訪れることを願って止みません。

 


ジョン・キム 吉本ばなな 「ジョンとばななの幸せって何ですか」(光文社刊・本体1,000円+税)

image

吉本ばなな

1964年東京生まれ。’87年『キッチン』で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。’88年『ムーンライト・シャドウ』で泉鏡花文学賞、’89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、’95年『アムリタ』で紫式部文学賞、’00年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞をそれぞれ受賞。海外でも多くの賞を受賞し、作品は30カ国以上で翻訳・出版されている。近著に『鳥たち』(集英社刊)、『ふなふな船橋』(朝日新聞出版社刊)など。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

ジョン・キム

'73年韓国・大邱生まれ。19歳で日本へ国費留学し、ハーバード大、慶應義塾大など世界の大学を渡り歩く。組織に縛られない「ノマドワーカー」の代表的存在として注目を集め、社会人版「キムゼミ」には多くの人が詰めかける。『媚びない人生』(ダイヤモンド社刊)、『来世でも読みたい恋愛論』(大和書房刊)など著書多数。
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング