雨だろうが、私達は今日も踏切を見に行く 『まめ日和』第36回

投稿日: 2016年09月16日 06:00 JST

Instagramを中心に話題沸騰中のイラストレーター・横峰沙弥香さん。2015年に産まれた愛息「まめちゃん」の爆笑成長記録を、ほっこりするイラストとともに本誌で連載!

image

毎度毎度冒頭が同じようなイラストで大変心苦しいのですが、
今まさにそんな時期を生きている私たちには毎日がこんな有様です。

 

今回は、1歳7カ月を迎えた息子・まめがはまっている「踏切」の話。

 

とにかく踏切が好きなまめ。
暇さえあれば踏切を見に連れて行ってくれと大騒ぎするのですが、我が家の近くには手ごろな踏切があります。そこに連れて行ってあげさえすればうっとりと踏切を眺めて機嫌よく笑っていてくれるので、こちらとしても大変助かります。

 

ところが困るのが雨の日。

 

近いとはいえ、雨の日に子連れで外出は正直避けたい。
すでに10kg以上となったまめを抱っこして傘をさすなんて、罰ゲーム以外の何でもありません。

 

バギーに雨避けとレインコートで行くか、抱っこ+レインコートで行くかなどなど。さまざまな案が脳内を巡りますが、私に決定権はありません。
決めるのはまめなのです。
なので、極力家の中で過ごすよう誘導するようにしています……。

 

とはいえ、イヤイヤ期の恐ろしさ。
他の遊びを提案しようが根気よく諭そうが効き目はなく
、 踏切を見られるまでものすごい力で暴れのたうちまわり、延々泣き続けます。

 

こんなときは、そう……納得させるしかありません。

image

ついに根負けして、近くの踏切に向かう私。
この日の気分は抱っこ紐だったようで、レインコートはNGとのことでした。
最悪のパターンです。

image

しかし踏切を見た瞬間、まめはピタリと泣き止み、
雨に濡れそぼる踏切をじっと眺めます。
泣きはらした目で、しかし口元には笑みをたたえて。
時折、踏切の音を口ずさんだりして……。

 

ああ、こんなことなら早く連れてきてあげればよかった。
濡れるのがめんどくさいとか風邪をひくんじゃないかとか、そんなの結局親のエゴじゃないか……まめの笑顔だけが私の幸せだというのに――。

 

目標を達成したまめと私、 奇妙な達成感の中家に帰ろうとすると

image

なんぞ心配そうに声をかけられてしまいました。

 

そうですよね、
泣きはらした目で雨の中、踏切の前に長時間佇んでいれば、何かあったんじゃないかと思われるのは仕方がないですよ。

 

こんなことがあった時のために今後は、いかにも踏切ウォッチを楽しんでいます的な服装(どんな服装だ)と、うまい雨避け対策をとって、周囲に心配をかけないよう気をつけようと思いました。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

横峰沙弥香

1984年生まれ イラストレーター。長崎県出身。2015年に産まれた息子の育児絵日記をInstagramで毎日更新中。
 
Instagram:SAYAKAYOKOMINE
ブログ:まめごはん。
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング