まめの言動に、“モラハラ気質”あり……? 『まめ日和』第88回

投稿日: 2017年12月15日 06:00 JST

image

 

これは癖としか言いようがないのだけれども

「相手が自分に対して腹を立てているのは明白ではあるが、その理由を教えてもらえない」ことが極度に怖い私はちょっと不機嫌なそぶりを見せられただけで全力で相手の機嫌を取ってしまうという厄介な処世術を身につけてしまいました。

 

結果、モラハラの気がある人ばかりがやたらと寄ってくるのには辟易しましたが、1人で生きていく分には特に困ることもなかったこの癖。

ところが結婚して子供を産み、その子供が成長して自分の感情を主張し始めるようになった頃、はたと気づきました。

 

我が子の言動がモラハラっぽい。

 

例えば、おやつが欲しい(しかも食べたいものも決まっている)などの要望がある場合、

自分の希望を明確には主張せず「まめは何が食べたいかなあ?」と半分相手を泳がせるかたちで提案させてきます。

ちょっとでも気に入らないと却下、不正解が続くとみるみる機嫌が悪くなってゆき、最後には癇癪。明確に提示しないのは、相手に提案させた方が自分の希望よりもいいものが出てくる可能性があるということに味をしめてのことでしょう。

この相手をコントロールしようとするやり方が引っかかるのです。

 

これはもしかして先に述べた私の悪い癖が影響しているのではないか。

いけないいけないと思いつつも気性の激しいまめをなだめる大変さに負けて、先回りして機嫌をを取ってしまったことがなかったか。

このままではまめが健全な対人関係を築けなくなってしまう……私のせいで!

 

ひとたび不安が頭をもたげると、どっぷり悩んでしまう部分も私の悪いところで

まめへ何か声かけをしようとするたびに、それが正しいのかどうかで悩んでしまい、自然に接することができなくなってしまいます……

 

そんな私に夫はあっけらかんと言いました

 

image

ああ、なるほどそういうことか。

自分の欲求が第一の幼児のこと。人生経験のない彼らが欲求を満たすために試行錯誤をするのは当然のことで、ここで正しくサポートするのが親の役目なんですね。

自分を責めてる場合じゃない、今こそしっかりしなければと目から鱗がボロボロです。

 

ちなみにモラハラホイホイな私が「この人なら大丈夫」と確信して選んだ夫は自他ともに認めるチャラ男。

それなりに苦労もありますが、私の判断に間違いはなかったようです。今のところ。

【関連記事】

「疳の虫問題」に秘密兵器を投入してみた 『まめ日和』第37回

まめちゃん本人登場!『まめ日和』サイン会で褒められまくる

インスタフォロワー32万人「まめちゃん」の新しい魅力は“ズルかわ”!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

横峰沙弥香

1984年生まれ イラストレーター。長崎県出身。2015年に産まれた息子の育児絵日記をInstagramで毎日更新中。
 
Instagram:SAYAKAYOKOMINE
ブログ:まめごはん。
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

10カ月ぶり日本活動UP10TIONが思う「言ってほしい韓国語」2018.01.16

韓国の10人組ボーイズグループ・UP10TIONが1月24日(水)に日本2ndシングル『WILD LOVE』をリリース!グループ名には、“音楽とパフォーマンスで大衆のテンションを上げ、音楽界のトップに...


ランキング