第12飯「アジア風牛丼」

投稿日: 2014年12月09日 00:00 JST

関連キーワード

10日間のお別れ

image

先月、日本での仕事のために10日間ほどパリを離れなければなりませんでした。けれども、息子は学校があるので、連れて行くわけにはまいりません。シッターさんや友人夫婦などに頼み、交代で、泊まり込んでもらい、息子の世話をしてもらうことになりました。どうしても、メインの仕事は日本なので、こういうとき、ちょっと大変ですね。しょっちゅう戻ることも出来ませんので、今回は無理してパンパンに仕事を詰め込むことになりました。

大学での集中講義、ライブを2日間やり、バラエティ番組などの収録が数本ありました。2週間離れるのはまだ無理なのです。1週間くらいだったらなんとかなる感じ。10日間というのは実験的な長さでもありました。学校のお迎えはシッターさんに依頼し、泊まり込んで面倒をみてくれる若夫婦の仕事が終わるまで息子の相手をしてもらいました。夕飯から朝の登校までは若夫婦の担当です。夜ご飯は、コロッケを作ったり、レストランに行ったり。息子の同級生の家族が土曜日の担当です。日曜日は家庭教師の先生が面倒をみてくれました。

とにかく、次から次にイベントを入れ、悲しくなる暇を与えない作戦です。10日間のスケジュールはまるで政治家並みの行程となりました。けれど、今後、シングルファザーとしてやっていくうえで、こういう体制作りこそ大事なわけです。息子のことを自分の家族のように親身に思ってくれる人じゃないと務まりません。プロに頼むというのは出来れば避けたく、周囲にいる親しい人たちの中から選びました。

この10日間が終わり、パリに戻ると、息子は私を見るなり走って来て抱き付きました。思いっきり抱きしめてやりましたが、僅か10日間なのに、子供の成長というものは、驚くべき速さですね。こんなに大きかったかな、と思うほど、息子が大きく見えました。逞しくなっていました。たまにはこうやって離れることも大事かな、と思いました。そう思えば少しは気が楽になりますからね。

僅か、10日間の不在。なのに、私の知らない息子が、そこにはいました。彼はその不在期間の話を一生懸命私に語ってくれたのです。そういうとき、幸せを感じます。何気ないことですけど、頑張ろう、と思いました。それを幸せと私は呼びたいと思います。

さて、今日の「ムスコ飯」、辻家のアジア風牛丼をご紹介します。

息子の大好物の一品。エシャロット3~4個、玉ねぎ半個をみじん切りに。にんにくを潰して、ごま油で炒め、香りを移します。そこにまずエシャロットとバターを投入。少し遅れて、玉ねぎのみじん切りを加えます。色づいてきましたら、新鮮な牛のひき肉300㌘を投入します。ここにベトナムの調味料、ニョクマム(ベトナムの魚醤)を振りかけます。私はニョクマム好きなので、大さじ2杯程度入れてしまいます。お醤油、塩・こしょう、ケチャップ、お砂糖を少々。味付けをします。最後にコリアンダーがあれば、ちぎって入れてください。さらにアジアの香りが高まります。

今回、コリアンダーが手に入らなかったので(笑)、ウェブの写真には青い葉っぱをのせてみました。白ご飯の上に、右の具を盛り付け、青い葉っぱを散らして、完成です。美味しいですよ。癖になる一品です。どうぞ、ウェブでレシピをご確認のうえ、挑戦してみてください。エシャロットとニョクマムが決め手となりますよ。

ボナペティ!

 

辻 仁成

つじ ひとなり/作家。東京都生まれ。’89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、’97年「海峡の光」で芥川賞、’99年「白仏」で仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。

 

 

 

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング