第30飯「パリ饅頭(マンドゥパリ)」

投稿日: 2015年04月21日 00:00 JST

image

第30飯「パリ饅頭(マンドゥパリ)」


■材料(4人分)

・牛と豚の合い挽き肉 250〜300g
・大きめの玉葱 1個
・胡麻油 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・味醂 小さじ1.5
・日本酒 小さじ1.5
・ニョクマム(ナンプラー) 小さじ1.5
・醤油 小さじ2
・ラー油 小さじ1.5
・ケチャップ 大さじ2
・塩胡椒 適量
・一味唐辛子 適量
・黒七味 適量
・六枚切り食パン 1枚分
・生卵 1個
・パン粉 大さじ2
・小麦粉 大さじ1.5
・片栗粉 適量

■作り方

1. フライパンに胡麻油をいれてみじん切りにした玉葱を炒める。

2. 玉葱が透き通ってきたらひき肉を入れて炒める。

3. 砂糖、味醂、酒、ニョクマム、醤油、ラー油、ケチャップ、塩胡椒、一味唐辛子、黒七味で調味する。

image

4. 完全にひき肉に火が通ったらボールかパッドにいれてよく冷ます。

5. 途中水分がでてきたらキッチンペーパーで拭き取る。

6. 冷めたら耳を取った食パンを細かくちぎっていれる。

7. 溶いた生卵、パン粉、小麦粉を入れてよく練る。

image

8. 種を人数分に分けて、ハンバーグ状に成形する。

9. 片栗粉をまぶして、フライパンにサラダ油を薄くひき(分量外)
 種を並べて弱火〜中火くらいの火加減で両面をキツネ色になるまで焼く。

image

image

■盛り付け

image

*フランスには豚肉のひき肉が無いので本誌では牛肉100%ですが

WEBでは旨味がでるよう、合い挽き肉を使用しました。

*片栗粉はまぶした後、余計な粉ははたくこと。

*種は小分けにして冷凍しておくとお弁当にもとても便利。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング