第32飯「炙り鮪のカルパッチョ仕立て」

投稿日: 2015年05月12日 00:00 JST

image

第32飯「炙り鮪のカルパッチョ仕立て」


■材料(4人分)

・鮪の赤身 200gくらいの柵を1本
・にんにく 2片
・オリーブオイル 大さじ2
・バルサミコ酢 大さじ1
・マスタード 小1
・塩胡椒 適量
・岩塩 適量
・ベビーリーフ 100gくらい

■作り方

1 オリーブオイル大さじ1(分量外)を入れたフライパンに薄切りにスライスしたにんにくを入れて火をつける。焦げないように弱火で炒めてオイルに香りを移す。

image

2 香りの移ったオイルで鮪の両面にさっと火を入れる。

image

3 表面の色が変わったら取り出してお皿に移し、にんにくも一緒に乗せて皿ごとサランラップで覆う。

image

4 そのまま冷凍庫に15〜20分程度入れておく。(切りやすくするため)

5 その間にドレッシングを作る。バルサミコ酢とマスタードをよくかき混ぜて、塩胡椒で調味する。最後にオリーブオイルを加えてよく混ぜ合わせる。

image

6 冷えた鮪を薄くスライスし、お皿に載せてにんにくを散らす。その上からオリーブオイルと岩塩をふりかける。

7 リーフサラダを横にふんわりと添えてドレッシングをかけていただく。

image

 

 

*今回はディジョンマスタードを使用しています。

炙った鮪は冷水にとるとにんにくの香りが飛ぶので、あえて冷凍庫に入れます。

冷凍庫に入れる時間は鮪の厚さで多少変わってきます。あまり長く入れると硬くなるので要注意。

 

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング