第73飯「辻家の鯛のポワレ・ア・ラ・ジャポネーズ」

投稿日: 2016年03月29日 00:00 JST

image

第73飯「辻家の鯛のポワレ・ア・ラ・ジャポネーズ」

■材料(4人分)

・鯛のフィレ   200g位のものを2枚
・塩胡椒     適量
・小麦粉     適量
・オリーブオイル 大さじ4~5
・生クリーム   大さじ6
・醤油      大さじ2/3~1
・黒七味     少々
・塩       少々
・イクラ     50g

■作り方

① 鯛のフィレは水分を良く拭き取って皮目の方に塩胡椒をふり、冷蔵庫の中で3~4時間寝かしておく。

② 皮目の方にだけ小麦粉を薄めに、まんべんなくまぶす。

image

③ テフロン加工のフライパンに多めのオリーブオイルを入れ(フライパンのサイズによって量は調整)皮目を下にして鯛を入れる。

image

④ 弱火でゆっくりと火を入れていく。皮がパリパリになり、白身全体がうっすらと白っぽく火が入るまで辛抱強く焼く。目安としては20分前後。絶対にひっくり返さないこと。

image

⑤ その間にボウルに生クリームを入れて泡立て器でもったりするくらい(八分立て)まで泡立てる。オリーブオイル少々(分量外)、醤油、黒七味2ふり程度、塩少々を加える。

⑥ 焼き上がった鯛の横にスプーンで生クリームソースを置き、イクラを散らしたら完成。

image

*撹拌が難しい場合はハンドミキサーを使うと簡単に出来ます。

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング