第76飯「モン・サン・ミッシェル風ふわふわオムレツ」

投稿日: 2016年04月19日 00:00 JST

image

第76飯「モン・サン・ミッシェル風ふわふわオムレツ」

■材料(4人分)

・卵          4個
・生クリーム      大さじ2
・オリーブオイル    少々
・塩          適量
・黒胡椒        適量
・バター        15~20g
・ベーコン       50g
・シブレット(チャイブ)大さじ1

■作り方

① ベーコンを1~2ミリの細切りにしてフライパンでカリカリになるまで炒め、油を良く切ってキッチンペーパーの上に乗せておく。

② シブレット(チャイブ)はみじん切りにしておく。

③ 卵は黄身と卵白とに完全に分けて別々のボウルに入れる。

④ 黄身の方のボウルには生クリームとオリーブオイルを入れて、塩と黒胡椒で調味し、軽く溶いておく。

image

⑤ 卵白に塩をひとつまみ加えて、泡立器で角が立つくらいまで撹拌して卵白ムースを作る。目安としてはボウルを横にしても泡の角が動かないくらいの固さ。

image

⑥ 卵白ムースの半分の量を黄身とよく混ぜ合わせる。

image

⑦ 残りのムースを加えてさっくりと混ぜ合わせる。

⑧ フライパンにバターを引き、パンケーキの要領で⑥のムースを流し入れて、表面をヘラなどで均一に平らに広げる。

image

⑨ 表面にカリカリベーコンとシブレットをまんべんなく振りかけ、弱火?中火の火加減で、スプーンなどで底の焦げ目をチェックしながら底面をゆっくり焼きあげていく。

image

⑩ 底面がやんわり色づき、中心部が軽く温まってきたら、フライパンを持ち上げてお皿にスライドさせながら半分に折り畳み、写真のようにムースの部分が溢れ出す感じに盛りつけたら完成。

image

image

image

*カリカリベーコンは作る際に脂がはねやすいので気を付けてください。
*卵白の撹拌がうまくいかない場合はハンドミキサーを使うと便利です。
*今回は直径23cmのフライパンを使用。フライパンの大きさによってはバターの量を加減してください。

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

【お知らせ】
本誌連載の料理を選りすぐったレシピ本『パリのムスコめし』発売中です!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング