第85飯「イタリアンチヂミ」

投稿日: 2016年06月28日 00:00 JST

image

第85飯「イタリアンチヂミ」

■材料(1人分/1枚)

万能ねぎ 4本(お好みでシブレットやイタリアンパセリも加えてもよい。)
キムチ  100g(水分をペーパーで軽くおさえる。)

<生地>
小麦粉       30g
片栗粉       15g
卵         1個
水         1カップ
ガーリックパウダー 少々
塩・胡椒      少々
クリームチーズ   30g
パルメザンチーズ  30g
エメンタールチーズ 30g
※とろけるチーズは、まとまりづらくなってしまいます。

オリーブオイル   適量

■作り方

① 万能ねぎは10cm長さに切り、キムチも大きければ1口大に切る。

image

② 生地の材料を合わせ混ぜておく。

image

③ フライパンにオリーブオイルを引き、中火弱にかける。

④ キムチを底に少し隙間をあけながら広げる。万能ねぎに少し生地を絡めキムチの上に敷き詰め残りの生地を野菜を覆うようにかけていく。

image

⑤ 周りが固まり始め、底に焦げ目が美味しそうに付きはじめたら、ヘラを使ってひっくり返します。(直径22~24cm位のフライパンを使うとかえしやすいです。生地が柔らかいので、ヘラで返すのが難しそうな場合は、一度お皿にスライドさせそれにフライパンを被せてひっくり返すと簡単です。)

image

⑥ 両面に美味しそうな焼き色が付けば完成です。チヂミのように四角くカットしてお皿にならべます。

image

*岩塩を少し付けて頂いても美味しいですが、オリーブオイルをつけても美味しい。

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング