第115飯「ポーピエット」

投稿日: 2017年03月07日 00:00 JST

image

第115飯「ポーピエット」

■材料

豚フィレ肉  200g(または薄切り肉 8枚)
ベーコン   4枚
オリーブオイル

合い挽き肉   100g
玉ねぎ     1/2個(みじん切り)
にんにく    1片(みじん切り)
マッシュルーム 150g(みじん切り50g・薄切り100g)
卵黄      1個
塩・胡椒    少々

<ソース>
エシャロット 1個(みじん切り)
小麦粉    小さじ2
白ワイン   50cc
生クリーム  200cc

※パセリ、クミンパウダー、ドライパセリ等

 

■作り方

① フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくを弱火で香りが出るまで炒める。

 

image

 

② ①に玉ねぎを加え色付いたらみじん切りのマッシュルームを加え炒める。

 

image

 

③ ボールに合い挽き肉を入れ、粗熱の取れた②と卵黄、塩胡椒、好みで※のスパイスを入れ、ハンバーグの要領で練りまとめる。

 

image

④ 4~50gに切り分けた豚フィレ肉をサランラップで覆い直径15センチ程度の円形になるまで伸ばし、これを4枚分繰り返す。

 

image

⑤ 伸ばした肉の中心に3のタネを1/4量乗せて包みこれをベーコンで周りを囲み、タコ糸で球体が崩れないように結ぶ。

 

image

⑥ フライパンに多めの油をひき、5の肉を焼き香ばしい焦げ目をつけて取り出しておく。

 

image

 

⑦ ⑥のフライパンでエシャロットを炒め、薄切りのマッシュルームも加え炒め、小麦粉を振り入れ絡めながら炒めたら白ワインをふりかける。ここに生クリームを加えて塩胡椒で味を整えソースを作る。

 

image

 

⑧ ⑥の肉をソースに戻入れ、蓋をして10~15分程蒸し煮にする。

 

image

image

【関連記事】

辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>
【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング