第121飯「鶏肉のブランケット」

投稿日: 2017年04月18日 00:00 JST

image

第121飯「鶏肉のブランケット」

■材料

鶏もも肉 500g
人参   中2本
玉ねぎ  大1個
丁子   2個(クローブ)

小玉ねぎ    10個(なければ玉ねぎ1個を切る)
マッシュルーム 250g
ブーケガルニ

<ルーのもと>
小麦粉 30g
卵黄  1個
牛乳  大さじ4
バター 30g+炒め用適量

塩胡椒
レモン汁 1/2個分

 

■作り方

① 鶏もも肉を食べやすい大きさに切り分けて鍋に入れ、ひたひたになる迄水を注ぎ沸騰させてアクを取る。

 

image

 

② 輪切りにした人参と皮をむいて丁子を刺した玉ねぎ、ブーケガルニと塩大さじ1/2を加えて1時間ほど煮込む。

 

image

 

③ 煮込んでいる間にフライパンに2つ切りにしたマッシュルームと小玉ねぎをバターで炒める。

 

image

 

④ ②の鍋から玉ねぎとブーケガルニを取り出し、③で炒めたマッシュルームと小玉ねぎを加え15分程煮る。

 

image

 

⑤ ④の鍋から具を全て取り出し、煮汁だけを温めておく。

 

image

 

⑥ ボールに溶かしバターと小麦粉をねり、煮汁大さじ4、牛乳と卵黄を混ぜ合わせこれを小麦粉とバターを練った所に少しずつ溶き混ぜルーのもとを作る。

 

image

 

⑦ ⑤の鍋に⑥で作ったルーのもとを入れ、泡立て器でよく混ぜたら⑤で取り出した具を戻し入れ、少し馴染ませたらレモン汁を加え塩胡椒で味をととのえる。

 

image

image

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング