第123飯「豚まん」

投稿日: 2017年05月09日 00:00 JST

image

 

第123飯「豚まん」

■材料

<皮>
小麦粉       300g
砂糖        大さじ3
ベーキングパウダー 6g
ドライイースト   3g
塩         ひとつまみ
水         100ml
牛乳        50ml
サラダ油      大さじ1

<具>
豚ひき肉     250g
長葱       50g
たけのこ     50g
醤油       大さじ1
酒        大さじ1
ごま油      大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
生姜の絞り汁   大さじ1/2
塩、胡椒     適量

 

■作り方

① 粉類を軽く混ぜ合わせ、ぬるめに温めた水と牛乳を加えて混ぜる。

② 生地がまとまったらサラダ油を加えてさらに10分程よくこねる。

③ 生地にツヤが出てきたらひとつにまとめ、ボールに入れてラップをかけ暖かい場所で1時間ほど発酵させる。

④ 具の材料を全て合わせてよく練り、10等分に分けておく(1個約45g位)

 

image

⑤ ③の生地が2倍位の大きさになるまで発酵したら取り出し、空気をぬいてこれも10等分に分けて(1個約50g位)綿棒で中央が少し盛り上がるように伸ばす。(目安として直径10cm位)

 

image

⑥ ⑤の生地に4の具を中心にのせてひだを寄せながら包み、最後に皮の中心をぎゅっと摘まみしっかりと閉じる。

 

image

⑦ まんの大きさに切ったクッキングシートを各々の底に敷き、蒸し器で15分ほど蒸す。

 

image

image

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング