第125飯「鯛の桜蒸しごはん」

投稿日: 2017年05月23日 00:00 JST

image

第125飯「鯛の桜蒸しごはん」

■材料(4人分)

桜の花の塩漬け 15~20g(市販のもの)

米       1合半

鯛       2切れ

 

■作り方

① 桜の花の塩漬けは茎を持って余分な塩を落とし、ご飯に混ぜる分は茎の部分をカットする。この時振り落とした塩は鯛の下味用にとっておく。

 

image

② 鯛は骨があれば取り、調理をする6時間位前に身の方に①の塩を軽くふっておく。

 

③ 炊き上がったご飯に桜の花を8~10g塩加減をみながら花をほぐし混ぜる。

 

image

 

④ 蒸し器にクッキングシートを敷き、食べやすい大きさに切った鯛を皮目を上にして並べ、残りの桜の花の塩漬けを乗せて火が通るまで蒸気が上がってから約5~6分中火で蒸す。

 

image

 

⑤ 器に桜飯を盛り、その上に④の鯛を(桜の花を乗せたまま)盛り付ける。

 

image

image

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング