第127飯「ショーソン・オー・ポム(アップルパイ)」

投稿日: 2017年06月06日 00:00 JST

image

第127飯「ショーソン・オー・ポム(アップルパイ)」

 

■材料(2個分)※1個分のときは全材料を半分にして下さい。

 

<りんごのコンポート>

りんご  正味1kg(柔らかいもの)

バター  40g

砂糖   100g

バニラ  1房

レモン汁 小さじ1~

水    適量

 

パイ生地 2枚(285g位のもの)

卵    1個

粉砂糖  少々

 

■作り方

① オーブンは200度で余熱しておく。

 

image

 

② お鍋にバターを溶かしキューブ状に切ったりんごをソテーしバターをなじませる。バニラは縦に切り込みを入れて包丁の背で取り出したバニラビーンズを房と共に入れ、砂糖も入れて蓋をして中火で煮る。

 

image

 

③ りんごが柔らかくなったら木べらでつぶし、ツヤが出てきたら水分を飛ばしてレモン汁を加え混ぜ粗熱を取る。(途中で水分がなくなったら水を足して柔らかいペースト状になるまで煮る)

 

image

 

④ パイ生地を広げ、上半分のふちに刷毛で溶き卵を塗り、上半分のふちギリギリのところに迄りんごのコンポートをのせて折りたたみ閉じ口を軽く指で押さえ、重ねたふちにナイフの先で1cm程度の切り口を1cm間隔で付ける。

 

image

 

⑤ 生地の表面に柄を描き、数カ所にナイフで空気穴を開けて溶き卵を塗る。

 

image

 

⑥ もう一つも同じように作り、200度のオーブンで30~40分焼き、1度取り出して粉砂糖をかけて5~10分さらに焼いてキャラメリゼにして仕上げる。

 

image

image

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング