第133飯「抹茶とホワイトチョコレートのシフォンケーキ」

投稿日: 2017年07月18日 00:00 JST

image

第133飯「抹茶とホワイトチョコレートのシフォンケーキ」

■材料

卵黄 4個分
砂糖 60g

卵白 4個分
砂糖 40g

熱湯  70cc
オイル 40g

小麦粉       80g(ふるっておく)
ベーキングパウダー 4g(ふるっておく)
抹茶        12g(ふるっておく)

ホワイトチョコレート    60g
生クリーム、砂糖(好みで) 適量

 

■作り方

① 大きめのボールに卵黄を入れ、泡立て器で卵黄と砂糖をよく混ぜ、熱湯とオイルを加え混ぜる。そこに小麦粉、抹茶、ベイキングパウダーを加え、さらによく混ぜる。

 

image

② 卵白に砂糖大さじ1を加え、ハンドミキサーで泡立て始める。卵白が白っぽくモコモコ泡立ってきたら残りの半分の砂糖も加えまた泡立て、卵白にツヤが出てきたら残りの砂糖を加え、卵白の角がピンと立つまで泡立ててメレンゲを完成させる。

 

image

③ ①に②のメレンゲの1/3を加え、泡立て器でよく混ぜる。満遍なく混ざったら、もう1/3のメレンゲを加え、今度はゴムベラでメレンゲを壊さないように切るように混ぜていく。残りのメレンゲも同様に混ぜ合わせる。

 

image

④ ③の生地に細かく砕いたホワイトチョコレートをさっくりと混ぜて型に入れ、20cm位の高さから型を落として空気を抜く。

 

image

⑤ 180度のオーブンで35分焼く。

 

image

⑥ オーブンから出したらまた、ワインの空き瓶などを利用しさかさまにして冷ます。

⑦ 好みで泡当てた生クリームを添える。

 

image

※オーブンは予め180度に予熱しておく。

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング