第140飯「なすとひき肉のペンネグラタン」

投稿日: 2017年09月12日 00:00 JST

image

第140飯「なすとひき肉のペンネグラタン」

■材料(2人分)

なす   300g(約中4本)
牛ひき肉 250g
ペンネ  150g
チーズ  80g(エメンタールまたはピザ用チーズ)
玉ねぎ  70g

パセリの微塵   少々
パルメザンチーズ

ニンニク  1/2片
オリーブ油 適量
パン粉   大さじ4

<A>
トマトピューレ 大さじ2
塩       小さじ1/4
クミン     小さじ1/4
カレー粉    小さじ1/8

胡椒 少々

 

■作り方

① 玉葱をみじん切りにし、牛ひき肉と共に炒め<A>の調味料で味付けをする。

 

image

② ナスの皮をむき、小さく切り分けて耐熱皿に入れオリーブ油をかけてからラップをして電子レンジ強で3分半加熱をし、一度取り出し中身をひっくり返してから更に3分半加熱をする。

 

image

③ フードプロセッサーに②のなすと微塵切りにしたニンニク、塩胡椒を加えてペースト状にし、ナスのキャビアを作る。

 

image

④ ペンネを茹で、③のなすのキャビアと和える。

 

image

⑤ 大きめの耐熱皿にオリーブ油を塗り、①のひき肉を敷き詰め、その上に④のペンネをのせ、更にチーズとパン粉をのせてから220度に温めたオーブンで15~20分、表面がキツネ色になるまで焼く。

 

image

⑥ 皿に取り分けパルメザンチーズ、オリーブ油、パセリの微塵をかけて完成。

 

image

image

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング