贅沢栗ご飯(辻仁成「ムスコ飯」第151飯レシピ)

投稿日: 2017年12月05日 17:00 JST

image

第151飯「贅沢栗ご飯」

■材料

もち米    2合
白米     1合
栗      250g
焼豚     100g
茹でたけのこ 50g
人参     1/2本
しいたけ   5~6個
干し桜エビ  大さじ1
生姜     大さじ1(すりおろし)

オイスターソース 大さじ2
醤油       大さじ2
酒        大さじ2
砂糖       大さじ1
みりん      大さじ1
味覇(ウェイパー)小さじ1
塩        少々
ねぎ       適宜

 

■作り方

① 栗は下茹でをして皮をむき、もち米は研いで1時間ほど水に浸けておく。

 

image

② 焼豚、人参、しいたけは5~6mm程度のコロコロ状に切る。

 

image

③ 炊飯器に白米ともち米、調味料を加え、白米の3合弱の水加減にしたら全ての材料を加えて炊く。

 

image

④ 刻んだねぎを振りかけて完成。

 

image

 

※焼豚は市販のものでも良いが脂身の多い部位の豚肉を1時間ほど漬けだれに漬けてフライパンで焼く即席焼豚もおすすめです。

 

<漬けだれ>

味噌  大さじ1/2
醤油  大さじ1
酒   大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖  小さじ1
ごま油 少々

 

image

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>
辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング