パリでイクメンは当然!?フランスの最新育児事情(辻仁成「ムスコ飯」エッセイ)

投稿日: 2018年05月15日 17:00 JST

関連キーワード

image

ある日の夕方、いつも行くスーパーの前で若い会社員のお父さんとすれ違いました。なぜお父さんと分かったかと言うと、片手でベビーカーを押していたから。なぜ、会社員だと分かったかと言うと、背広を着てもう一方の手にはビジネスバッグを抱えていたから。想像してみてください。このお父さんは会社帰りに託児所に寄り、預けていた赤ちゃんを引き取ってスーパーに立ち寄ったわけです。

 

その直後、ローラースケートのお父さんとすれ違いました。なぜお父さんと分かったかと言うと、後ろから娘さんがやはりローラースケートを履いて必死で追いかけていたから。そしてこのお父さんは毎日、私が買い物をする時間に同じ場所を娘さんと走っています。これが彼らの日課なのでしょう。

 

フランスの若いお父さんたちはみんなイクメンです。それはお母さんたちが働いている証拠でもあります。なので、お父さんたちは自分のことをイクメンとは思っていません。ごく当たり前のことと考えています。いえ、考えてさえいないでしょう。フランスでは当然だからです。日本とはそこからして差があるということ。

 

私はここフランスで自分が普通だと気づかされました。日本に帰ると、シングルファザーの代表みたいになっているのですから。日本のお父さんとフランスのお父さん、仕事量は一緒です。日本のお父さんたちの方が大変だとも思えません。そして、フランスのお母さんたちも、私が知る限り、なんらかの仕事をされている方がほとんど。問題があるとしたら、女性が働く環境が日本はまだまだ整っていないということ。だから、お父さんに負担がのしかかるということはあるかもしれませんね。

 

それでも、日本のお父さんたちがもう少し積極的に子育てに参加したらいいのに、と思います。余計なお世話だからあまり言いませんが、最近気になっていたので文章にしてみました。子供を育てながら働くことが当たり前という意識がお父さんに芽生えれば、世の中もそれに合わせて変わる気がします。これは特別なことじゃないと思いますよ。フランスの男たちだから出来る? いや、まさか。フランスの男たちに出来るのだから、日本の男にも出来るはずです。男の子育ては決して恥ずかしいことではありません。

 

さて、今日は栄養満点、がっつりパワー系のカレー風味の豚肉ロースト「ポークオーキュリー」をご紹介しましょう。お休みの日にご夫婦2人で仲良く作ってみてはどうでしょう?

 

材料:豚肩ロースの塊肉約1kg、にんにく4片、じゃがいも500g、玉ねぎ大1個、熱湯300ml、ブイヨン1個、カレー粉小さじ1、乾燥タイム2つまみ、ローリエ1枚、塩・こしょう適量、生クリーム100ml、オリーブオイル適量、お好みでマスタード適量。

 

まずオーブンを200度に予熱。豚肉はナイフの先で16カ所に穴を開け、1片を4等分にしたにんにく16個をその穴に差し込んでいく。じゃがいもと玉ねぎは2㎜くらいの厚さにスライスし、じゃがいもは水にさらしておく。フライパンにオリーブオイルをひき、水気を切ったじゃがいもを炒める。じゃがいもに火が通り透明になってきたら玉ねぎを加え、しんなりしてきたら耐熱容器に移す。熱湯でブイヨンとカレー粉を溶かし、乾燥タイムとローリエを加える。耐熱容器に移したじゃがいもと玉ねぎがひたひたになるまでスープを注ぎ、その上から生クリームを注ぐ。塩・こしょうを振った豚肉をフライパンで焼いていく。しっかり焼き色がついたら、耐熱容器の中央に置き、今度は200度のオーブンで1時間から1時間15分ほど焼く。フォークで刺し、肉汁が透明になったら完成。

 

お好みでマスタードをつけても美味しいですよ。夫婦合作の愛情料理、いかがでしょう。

 

ボナペティ!

 

 

本誌連載の料理をえりすぐったレシピ本『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』も絶賛発売中です!

【関連記事】

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>

辻仁成『パリのムスコめし 世界一小さな家族のための』発売記念トークショーレポート

【一覧】辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<レシピ>

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

辻 仁成

作家。東京都生まれ。'89年「ピアニシモ」ですばる文学賞、'97年「海峡の光」で芥川賞、'99年「白仏」で、仏フェミナ賞・外国小説賞を受賞。映画監督、演出家としても活躍。現在はシングルファザー、パリで息子と2人暮らし。
 
DESIGNSTORIES『JINSEI STORIES』
http://www.designstoriesinc.com/jinsei/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング