十六のぞき 原宿の新名所KAWAII MONSTER CAFE!その世界観を生んだ原宿の包容力に迫る

投稿日: 2015年10月07日 17:00 JST

image

人間は、広い世界のほんの一部で生きている。
全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ…!

image

若者の聖地・原宿―――。
あちこちにファッションビルや古着屋が立ち並び、
様々なジャンルの服装に身を包んだ若者たちが溢れんばかりに押し寄せる。
スカートを履いた男性がいたり、髪の色が赤や青だったり、
絵の具箱をひっくり返したようなカラフルな服だったり
そこはまるでどんなファッションも包み込んでしまう異世界のようだ。
今や世界中で普及しつつある日本の「KAWAII」中心地である原宿には、外国人観光客も後を絶たない。
大型100円ショップでお買い物、クレープを食べ、
日本のKAWAIIワールドを探索…というのは珍しくない観光コースだ。
東京っ子のわたしにとって地方から出てきた子を原宿のメインストリートである竹下通りに連れていって、
まず人の多さに絶望させるというイタズラは鉄板である。

image

原宿に若者が集まるようになったのは今から半世紀前、1960年代にまで遡る。
もともと表参道に集まっていたアメリカ人将校向けのカフェやテイラー(洋服の仕立て屋さん)がおしゃれの象徴として感度が高い人々に広まり、
デザイナーやスタイリストなどのファッションピーポーが集まってきたのが始まりだ。
それ以降原宿は常にファッションとそばにあることで特異なブームに熱狂する子たちを生み出し続けている。
ファッションはいつでも異端と隣り合わせ。
よそで理解されづらいものはえてして原宿に集まってきた。

image

例えば80年代流行した、独特のファッションに身を包みステップダンスを踊る「竹の子族」も
00年代から普及する、お人形さんのようにフリフリなドレスに身を包んだ「ロリータ」も。
原宿だからと言って一言では説明しきれない様々なコミュニティを形成しながら
原宿は「若者の聖地」として成長し続けているのである。

image

原宿WYスクエア4階。
エレベーターを降りると、突如別世界が広がる。

image

紫とピンクの攻撃的過ぎるしましまの配色、こちらをじろりと見つめる大きな目玉。
「KAWAII MONSTER CAFE」…原宿に今年誕生した新たな文化である。
このカフェをプロデュースしたのは増田セバスチャン氏。
1995年から原宿にコンセプトショップ“6%DOKIDOKI”を構え、変わりゆく原宿を見続ける男だ。
最近だときゃりーぱみゅぱみゅの独自の世界観溢れるMVのアートディレクションを担当していることでも有名で、
その毒々しいまでにカラフルで狂おしいまでに「カワイイ」世界観は国内外問わずファンを増やし続けている。

一歩中に入ればそこはもう“原宿”どころか“地球”も飛び越えた異次元ワールド。

image

中央にはとろけたショートケーキのメリーゴーランド、
コンセプトで4つエリアに分けられ、にょきにょきときのこが生えていたり
唇がちりばめられたり、フォークがぶっ刺さっていたり、巨大くらげが鎮座ましたり…。

image

image

店員さんももれなく異次元ワールドから原宿に迷い込んじゃったかのような異世界っぷりだ。

image

肩に幻獣ユニコーンが乗ってるなんて…!
この異世界は「見る」だけに終わらない。なんと食べ物も人間界のそれじゃないのだ。

image

メニューをぱっと見ただけで、青や黄色、緑と食べ物のセカイには存在しないはずのビビッドな色が視界飛び込んでくる。
今回うさこは「カラフルレインボーパスタ」と「カラフルポイズンパフェ・エクストリーム!」に挑んだ。
もうあなた自分で「ポイズン」て言っちゃってるじゃないですか…!
日本語に訳すと「色とりどり虹パスタ」「色とりどり毒パフェ極度の」と明らかに食べ物感の薄すぎるネーミング
によぎる悪い予感…。
いざ運ばれてきてみると、案の定幼稚園のころぬりえにいろんな色で塗りたくったような有り得ない色の食べ物が運ばれてきた。

image

カラフルなソースはひとつひとつ味が違い、赤はチリトマト、黄色はガーリックマヨネーズ、青はバター、緑はジェノベーゼクリーム、オレンジはチェダーチーズクリームと驚くべきことに人間にも食べられるようにできている。
それどころか、もちもち食感のパスタとあわせて食べれば不思議とおいしい…!

image

パフェもクリームの色によって味が違ううえ、中にもいろんな層があっていろんな味わいを楽しめる仕様だ。
いろんな色。いろんな味…視覚と食感に訪れる大パニック。
「これだけカラフルな食べ物がおいしく食べられる」という事実が何だかおかしくて
ついつい伸びる手が止まらない。

若者の聖地・原宿。
それは誰をも受け入れる包容力を持ち、常に新たな文化が生まれ続ける街だ。
そんな原宿だからこそ若者が集まるし、集まったからこそ原宿は作られる。
「KAWAII MONSTER CAFE」は、原宿産カワイイ100%の特濃エンターテイメントパークなのだ。

現世が生んだ異世界をぜひ皆様もご体感ください。

KAWAII MONSTER CAFE
HPはこちらkawaiimonster.jp/
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目31-10 YMスクエア4F

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

公式サイト
https://4bunno1.wordpress.com/
ツイッター
http://twitter.com/yonusa1
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング