六十三のぞき 命を救う? 保護猫カフェで至福の癒されタイム

投稿日: 2016年08月31日 17:00 JST

image

人間は、広い世界のほんの一部で生きている。
全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ…!

image

「猫カフェ」と呼ばれる形態の喫茶システムが出来て、早15年以上。
今や「猫カフェめぐりが趣味」という人も少なくなく、
休日の過ごし方の一つとして定着しつつある。
いろんな猫がプロデュースされては人々をメロメロにさせまくる昨今だが、
「猫カフェ」はその中核を担っていると言っても過言ではない。

 

――大阪・心斎橋。
心斎橋筋商店街から少し行ったところに『ネコリパブリック』通称『ネコリパ』はある。

image

1階から4階まで、オール猫関係!
猫好きにはたまらない猫尽くしのビルだ。

image

1階はカフェ、

image

2階は猫グッズやペット用品などを販売するショップ、
3階が猫カフェ『CAT CAFE FLOOR』、
4階は癒し猫空間『CAT&BED&BOOK』。

 

今回は「好きなどうぶつは何?」と聞かれて散々考えた挙句「人間かな…」と答えるレベルで
どうぶつに馴染みがないうさこがネコリパに潜入した。

 

まず案内してもらったのは3階の『CAT CAFE FLOOR』。

image

猫たちが自由にのんびりと暮らしている。

image

中には思いもよらないところに隠れている子たちも…。

image

image

なんとか構ってもらいたい人間たちはおもちゃで必死にアピール。

image

「なんですか?ソレ?」という顔をされるときもあるが、
遊んでもらえると多幸感が襲い来る!!

image

また、気付かぬうちにそっと寄ってくるかわいすぎる子も…。

image

ん…?

image

image

ぴょこっ。

 

うさこ悶絶。
誰?どうぶつに興味ないとか言ってたのは…!
「人のロングスカートの間に挟まるのが好き」というりぼんちゃんのあまりの可愛さに連写&連写。
ロングスカートを履いていた今日のファッションセンスに感謝。
しばらくりぼんちゃんの跡をつける不審者になったのは言うまでもない。

image

(眠るりぼん様と勝手にツーショット)

 

image

一連の写真を見ていて、猫に詳しい人なら「子猫がいない」ということに気付くかもしれない。
それもそのはず、ここにいるのは大人猫ばかり。
ここはただの猫カフェではなく、保護猫たちを集めた「保護猫カフェ」なのだ。

 

岐阜、大阪、愛知、東京に店を構える『ネコリパブリック』が目標とするのは
2022年2月22までに行政による猫の殺処分をゼロにすること。
これだけ猫が国民的アイドルとなってる今でも
その裏でなんと年間約8万匹が殺されてしまっている現状…。
そんな猫たちを救うために、ネコリパは誕生した。
カフェを利用する、猫グッズやペット用品を買うなどネコリパで使われたお金は、猫助けに利用される。
さらにここにいる猫たちはみんな
引き取って家族として迎えることが出来るのだ。
猫に癒されながらも、間接的にも直接的にも猫を救える…そんな相互にしあわせを生む仕組みが作られているのである。

 

特にここにいるのはみんな子猫を欲しがるゆえに特にスポットの当たらない大人の保護猫たち。
中には昔の経験から人にあまり懐かない子もいるが、そんな子が歩み寄ってきてくれたときこそ
より胸にアツい感情がドドッと押し寄せるのである。
もし「連れて帰りたい」となったら、審査のあとトライアル期間を得て、ようやく正式に猫を迎えることが可能。
それは動物と生きることがどういうことかを分かってもらうためのステップだと言う。
何か別の生き物と一緒に生きていくということは、かわいいで済む問題じゃないのだ。
かっこいいからという理由で旦那を決められないのと同じである。

 

とはいえ、まずは気負わずにネコリパに来て楽しんでもらいたい、と心斎橋店・店長の和田さんは語る。
「保護猫について知らなくてもいいです。ここに来て楽しいだけでも。好きか好きじゃないかではなく、知らないうちに巻き込まれている…というような制度を作っていきたい」

 

image

4階の『CAT&BED&BOOK』はベッドが併設され、さらにまったりした気持ちで猫と戯れることができる。

image

猫と戯れてもいいし、猫本を読んでもいいし、なんなら寝てもいい。
各々、リラックスした時間を過ごす。

image

安らぎの空間のなか、2階建てベッドの2階から猫たちをのぞき見たら

image

すぐそばの猫専用通路でまどろんでいる猫を発見!
本棚の上でなかよく寝そべる猫の肉球を眺めたり…

image

猫本と並ぶ猫のかわいさに悶えたり…

image

はみだすしっぽを見てモフモフしたい衝動に駆られたり…。

image

なんとも幸福感に満ちた空間が1階から4階まで詰まっている。

 

「保護」と言うと、とても難しそうな気がしてしまうが
楽しむことから始められると思えば私にもできることがあると思える。
自分が楽しんで助けられる命があるのなら、これほど幸せなことはない。

 

ハッピーな猫助けを始めよう。

 

自走型保護猫カフェ『NECO REPUBLIC 大阪心斎橋店』
大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目16-9
岐阜店、東京御茶ノ水店、東京中野店、愛知江南店、愛知県豊田店も
http://www.neco-republic.jp/

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

公式サイト
https://4bunno1.wordpress.com/
ツイッター
http://twitter.com/yonusa1
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング