おいしい!ヘルシー!美しい!台湾で花咲く火鍋を食す

投稿日: 2016年10月26日 17:00 JST

  
世の中には食べておいしいだけじゃなく見て楽しい贅沢な食べ物がある。

 

image

今回はそんな一石二鳥を求めて台湾まで旅に出た。

 

image

人間は、広い世界のほんの一部で生きている。
全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ…!

 

image

言わずと知れた美食の国・台湾。
どこの街へ行ってもお手頃値段のおいしいものがたくさんあって、
デブ活が捗って捗って仕方がない。

 

image

肉汁がたっぷりの小龍包を始めとする点心の数々…。

 

image

歯ごたえ抜群のタピオカミルクティなど甘くておいしい飲み物…。

 

image

お店や屋台がずらり立ち並ぶ夜市で40元(約150円)くらいから食べられる小吃を食べるもよし、
人気店で激うま点心を食べるもよし…。
台湾で「美食」は外せない観光のひとつと言っても過言ではない。

 

 

image

そんな台湾で近頃人気のお店があると聞いて、台北MRT「士林」駅から徒歩約5分の『寛巷子』に訪れた。

 

image

入口から芸術的な佇まい。
華が描かれたゴージャスな扉を開くと、

 

image

中も独創的な世界が広がる。
ここは「火鍋」の店。火鍋といえばアジア圏で人気を博す鍋料理だ。
最近ではお鍋の真ん中が仕切られ、スープが2種類選べるのがスタンダード。
名の通り火を噴くほど辛いものもあれば、辛くないスープも選択可能の
皆でわいわい楽しく食べられる仕様になっている。
「ひとり鍋」も普及しつつあるほど、季節に関わらずいつでも食べたいポピュラーな料理だ。

 

数ある火鍋屋さんの中で、この店は他とどう違うのか?
それは食材を見れば一目瞭然。
早速やってきたものを見て、わたしは目を見張った。

 

image

フラワーアレジメント!?
思わず二度見してお野菜だったことに気付く。
な、なんて美しい…。こんなに入れるのがもったいなくなる白菜やきのこ見たことない。

 

image

豚肉だって『寛巷子』マジックにかかればこんな芸術品に。
これが本当の豚薔薇だったか…!

 

棗や高麗人参などの薬膳がたっぷり入ったスープに、
惜しみなく食材を投入する。

 

image

お鍋に花が咲いたね…!!
わたしは辛いものが苦手なのでもっぱら穏やかな白スープ専門だが、
鶏がらのお出汁が効いたスープのおいしさたるや、鍋を食べ終わってからもしばらく啜り続けたほど。
そう、この美しすぎる見た目だけではなく味も兼ね揃えているのである。
そしてさらに!たっぷり入った薬膳が健康面もサポート。
なんてことだ、まさに一石三鳥…!
あらゆるレディが大満足間違いなしの火鍋屋さんである。

 

 

image

台湾でよく食べられる「八寶冰(八宝氷:かき氷の上にどしゃっとお豆やお餅などが乗ったスイーツ)」の中でも、
とびきりキレイなお宝かき氷を台中で見つけた。

 

image

王道の甘く煮た小豆や緑豆はもちろん、
それぞれに胡麻やカボチャなどが練りこまれ一粒一粒味が違うタピオカ…!
マッシュされた紫芋と地瓜(台湾で食べられるカボチャとさつまいもの間みたいなもの)…!
鮮やかなレモンとスターフルーツのゼリー…!
さらに自家製の蜜がドバッとかけられ、絶妙な甘みがかき氷に染み渡る。

 

image

店の外には地瓜を焼く窯。
全てがこだわった食材を使って毎朝店員さんの手によって作られ、絶対作ったものはその日のうちに使い切るそうだ。
作り立てだからこその食感…!
もきゅもきゅしたゼリー、ごろっとしたお芋の感触が残るマッシュ、

 

image

サイドにそっと添えられた芋圓と呼ばれる芋団子もモチモチで芋の香りがふわっと突き抜ける絶品っぷりだ。
謎のプルプルヴェールに包まれた枝豆や大豆、胡桃もたまらない。
これもまた目に美しく、おいしく、体にやさしい。なんならお財布にもやさしめ。

 

image

「今日のタピオカの味は4種類だよ」「レモンを加えると爽やかになっておいしいけどどう!?」と甲斐甲斐しく世話を焼いてくれるパパも最高。
天国かよ…!!

 

かわいくておいしくてヘルシー。
欲張り女子をも魅了する美食たちは台湾にあった。

 

『寛巷子』
台北市中山北路五段505巷22号

 

『芋糖地添』
特級招牌地芋包心(二人前):170元(約600円)
台中市北區錦新街28-3號

【関連記事】

探検!台湾の街かど知らない世界!

豆腐入り抹茶ミルクにホットスシ!? 台湾で見つけた新・日本料理!
JUMP知念 台湾カレンダー撮影の思い出は「小籠包!」

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

公式サイト
https://4bunno1.wordpress.com/
ツイッター
http://twitter.com/yonusa1
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング