ねこ寺に住む”ビッグマミィ猫”マリア 育児放棄の面倒を

投稿日: 2016年07月13日 06:00 JST

image

テレビや雑誌に紹介され、瞬く間に“ねこ寺”として有名になった福井県の御誕生寺。お寺で暮らすねこたちを見ると、どのコもとても幸せそうな表情をしている。

 

「ほかのノラねことの大きな違いは、人に対する警戒心がまったくないということです。ねこ好きの方も多くいらっしゃいますが、ねこたちが自然体でいるとわかってくださるようです」

 

そう話すのは、3年ほど前に御誕生寺にやってきた猪苗代昭順副住職。当時、80匹以上のねこがいたというが、副住職はねこと人の幸せのため、一匹一匹のご縁を結ぼうと飼い主探しを開始。その様子がテレビで紹介されると希望者が急増し、年に4回ほど行われる譲渡会では、ねこの頭数より希望者のほうが多いこともあるそう。

 

「すべてのねこに名前と首輪をつけるところから始めた活動でしたが、おかげさまで3年間で270匹ほどご縁を結ばせていただきました。現在は、福井県内の動物愛護センターからもねこを引き取り、飼い主さんを探しております」

 

細かい譲渡条件は設定されていないそうだが、ひとつだけ大切にしていることが。

 

「『相性が合わない場合は、こちらに戻してください』と念押ししています。一度引き取ったからには返せないから……と無理をしないでほしいのです」

 

先住ねことの相性や生活リズム、家族構成など、新しいねことうまくいかないことも。お互いの幸せを考えてほしいということだ。

 

「一方で日々『飼いねこを引き取ってほしい』というお電話を受けますし、お寺にねこを置いていく方もいらっしゃいます。群馬から8匹のねこを連れてこられた方もいらっしゃいましたが、事情をお聞きして話し合い、3匹は御誕生寺で引き取り、3匹は動物愛護センターにお願いし、2匹は責任を持って連れて帰っていただきました。私どもはねこを引き取るお寺ではないのです」

 

春には、妊娠しているねこが置いていかれた。

 

「保護して、環境を整えて無事に出産しました。そのすぐあとに、もともとお寺にいたフクというねこも出産したのですが、育児放棄をしてしまったのです。そこで、生まれたばかりの子ねこ5匹を彼女に預けてみたところ、自分の子5匹と合わせた計10匹を分け隔てなく懸命に育ててくれたのです。当時、彼女には名前はなかったのですが、その姿に胸を打たれた修行僧たちが『マリア様だ』と話していたことから、マリアと名付けました」

 

元気に育った10匹の子ねこたちは、すべて新しい飼い主さんに引き取られたのだそう。マリアはねこ界の“ビッグマミィ”として現在もお寺で愛されている。

【関連記事】

佐々木蔵之介の実家“佐々木酒造”のねこ社員たち

60歳からのねこ飼育を可能にする“永年預かり”システム
子ねこが訴えかけてくる表情が可愛すぎる切手シートが発売

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング