【ねこ】災害に備えてハーネスに慣れておく必要はある?

投稿日: 2016年08月29日 06:00 JST

image

楽しく、幸せなねことの暮らし。でも、不調やトラブルは突然やってくる。そこで、猫専門医の服部幸先生が、悩みをズバリ解決する「にゃうにゃう猫生相談」!今回も、悩めるねこからこんな相談が届いた……。

 

【Q】「こんにちは。10歳のマンチカン女子です。私の悩みを聞いてください。数日前から急にハーネスをつける訓練がはじまりました。いままで洋服も着たことがないのに、がっちり体をホールドされて、まったく動けないし、つらかったです。嫌がる私を見ても、飼い主さんは真剣そのもの。ハーネスに慣れないとダメですか?」

 

【A】「いざというときのため、ハーネストレーニングを」(服部幸先生)

 

どんなに飼い主さんに慣れているねこでも、災害など何か異変を感じたときに、逃げ出してしまう可能性があります。いざというときのため、わが家でもハーネストレーニングを行っています。ただ、基本的に体に何かをつけるということが嫌いな動物。着用時間を10〜15分にとどめるなど少しずつ慣らしていきましょう。トレーニングは週に1回、月に1回でもいいと思います。あまりにも嫌がるようだったら時間を短くするなど、そのコに合わせて、無理のない範囲でやっていきましょう。

 

トレーニングが終わったあとに、好きなおやつをあげて、「ハーネスをつけるといいことがある」と覚えてもらえたらこっちのものです。どうしても着けさせてくれない場合もあると思いますが、いざというときに、嫌がるねこに初めてハーネスをつけるのは至難のわざ。やはりトレーニングは必要だと思います。

 

ハーネスと同様に、キャリーバッグやケージに慣れさせておくことも大切です。災害時に備えてねこ用の避難袋も用意しておくといいでしょう。お水、食事、常備薬や、食器、毛布のほか、折りたためるトイレや軽めのねこ砂などが考えられます。また、そのコの写真に、健康状態や飼い主の連絡先を書いたメモもあるといいでしょう。

【関連記事】

SNSに君臨し続ける“ねこ界の吉永小百合”って?

今週のにゃうにゃう猫生相談「ねこがイヤがるにおいって?」
「ねこ専用アパート」を作ってしまった愛猫家に話を聞いてみた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング