【ねこ】獣医が明かす家族4人&ねこ3匹がいる生活

投稿日: 2016年10月24日 06:00 JST

image

本誌「ねこ相談」でおなじみ、東京都江東区にある「東京猫医療センター」院長の服部幸先生。今週は、「東京猫医療センター」開院直前に、服部家にやってきた2匹のねこ、メインクーンのPUMAくん(オス・享年2)とクイーンちゃん(メス・享年4)についてご紹介。

 

メインクーンを選んだ理由は、奥さんの奈美さんが「大きい長毛種が好き」だから、とのことだが、オス・メスの2匹を飼ったのは獣医師として自分の目で確かめたいことがあったからなのだそう。

 

「獣医は、動物の妊娠や出産に立ち会う機会があまりありません。獣医師として見ておきたいという気持ちもあり、2匹の不妊手術はせず、自然な流れで出産してもらいました。ただ、体に負担がかかるので出産は2回のみでした」(服部先生・以下同)

 

計3匹の子ねこが生まれたが、クイーンちゃんがしっかり子育てをしていたため、人間が育児の手助けをすることはなかったそう。ここから数カ月、服部先生が学生時代から飼っていた先住ねこのうにゃちゃんも合わせ、6匹のねこが服部家で暮らすことに。しばらくすると、3匹の子ねこは、新しい飼い主に引き取られていった。

 

先住ねこのうにゃちゃんと2匹の相性というと、遊び盛りのPUMAくんとはちょっと難しかったが、おっとりしたクイーンちゃんとは女同士、仲よしだったそう。

 

そして、服部家に次女が生まれ、家族4人、ねこ3匹の生活がスタート。子供たちは、生まれたときからねこのいる生活をしているが、怖がったりしないのだろうか。

 

「怖がることもありますが、いっしょに遊ぶこともあります。痛いことやイヤなことをすると、ねこパンチで仕返しされて、悪いことだと気づくこともあるようです。僕は、生活の中に動物がいるのはいいことだと思います」

 

ねこもページも大増量! 『ねこ自身 2匹め』発売中


image

'15年末に発売され、11万部を突破するまさかのヒットとなった特別ムック『ねこ自身』。その第2弾となる『ねこ自身 2匹め』(光文社・740円+税)発売中。前号と比べ、登場ねこ数は511匹から648匹へ、ページ数は120ページから172ページへ、“ねこ愛”大幅増となる今号、ねこ好きの皆様にはぜひとも読んでいただきたいニャ~!

amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
e-hon

【関連記事】

60歳からのねこ飼育を可能にする“永年預かり”システム

【ねこ】災害に備えてハーネスに慣れておく必要はある?
「ねこ専用アパート」を作ってしまった愛猫家に話を聞いてみた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング