【ねこ】赤ちゃんのお世話係「ミルクボランティア」って?

投稿日: 2016年11月28日 17:00 JST

image

 

「とくに妊娠・出産シーズンである春から秋にかけて、膨大な数の赤ちゃんねこが行政施設に持ち込まれます。手のかかる乳飲み子を、行政職員だけで救い続けることは難しく、結果、ほとんどのねこが生後まもなく殺処分されているというのが現状です」(フォトジャーナリスト、動物福祉ネットワーク代表の児玉小枝さん)

 

熊本市動物愛護センターは、自分で食事や排せつができない赤ちゃんねこのお世話をする「ミルクボランティア」を募り、全国に先駆けて、ねこの殺処分ゼロを実現。そのようすを取材した書籍『赤ちゃんネコのすくいかた』(集英社 みらい文庫)が反響を呼んでいる。

 

「小学5〜6年生向けの児童書なのですが、大人の方にも読んでいただいているようで、すごく身近なテーマなのだと改めて感じました」(担当編集・山下みのりさん)

 

著者の児玉さんは、全国でねこの殺処分ゼロを目指すためには、“捨てられる命を減らす”“捨てられた命を救う”という、両面からのアプローチが必要だという。

 

「行政施設に持ち込まれた赤ちゃんねこを救っていくためには、民間のミルクボランティアの力が必要不可欠です。また、これからねこを飼いたいと思われている方は殺処分されるかもしれないねこを家族に迎えるという選択肢も」

 

また、施設に持ち込まれるねこの大半は、不妊手術をしていない飼いねこや、野良ねこが産んだ赤ちゃんねこだといい、飼いねこは「不妊・去勢手術」「完全室内飼育」すること、野良ねこは「地域ねこにしていく」ことが、捨てられる命を減らすカギになると続ける。

 

わたしたちひとりひとりの意識の変化が、動物の命を守ることにつながるようだ。

【関連記事】

【ねこ】茶トラはわが道タイプ…性格は色柄で決まる!?

話題の『ねこ自身』猫不倫スクープ撮影の裏側を暴露
大ヒット『ねこ自身』の第2弾決定 表紙は“猫侍”のあなご

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング