第14回 ウィルスに負けない!・免疫力UPのコブラのポーズ

投稿日: 2009年09月03日 22:00 JST

風邪の予防には免疫力UP!!

免疫力をつけるには、胸の胸腺と腎臓を同時に刺激する、ブジャンガ・アサナがお勧めです。
外からの刺激(ストレッサー)に対する抵抗力を高めて、外敵を追い払ってくれます。

ヨガをはじめてから6年間、風邪で休んだ事は一度もありませんが、
毎日のレッスンで必ず入れてるブジャンガ・アサナが効いてるとおもいます。

ブジャンガ・アサナコブラのポーズと訳されますから、その質を真似るように動くと体にしっかり効果がでますよ。

食べ物ではジンジャーが良いです。
少し涼しくなった今の時期なら、紅茶にスライスして飲むと、免疫力アップにもなり、代謝も上げるので冷えを改善して、太りにくい体質になります。

 

やり方

  1. うつ伏せになり、両手の平を下に向けて、肩の下に置く。
    脇と肘を締めて(肩甲骨を寄せるように)、額を床につけて準備。
  2. 鼻から息を吐き出してから、吸いながら背骨の1本1本を意識して、上体を反らせていく。
  3. 限界まできたら、深い鼻呼吸を続けてキープする。(20~30秒)
  4. 吐きながらゆっくり上体を下ろして、床に着いたらリラックス。(2、3セット)

 

効果

  • 免疫力を高める
  • 背筋の強化
  • 身体のバックラインをキレイに整える
  • 交感神経を高めて、活力を与える
  • 気持ちをオープンにする

 

ポイント

  コブラは細長くて、手がないものなので、その質をイメージして、近づくように動きましょう!

  • うつ伏せに寝て、出来たら脚は揃えて身体を細長くして行うと、お尻の筋肉が締まる。
  • 手は添えるだけなので、腕の筋肉で勢いをつけず、背筋を使う。
  • ③の完成形では肘を伸ばさない。
  • お臍の下を床にしっかり付けた状態でキープ。

  そうすると、ウエストの後ろにある、腎臓・副腎を強く刺激することができる。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング