アメリカの最新調査で分かった「やせる野菜」「太る野菜」

投稿日: 2015年12月17日 06:00 JST

image

「アメリカハーバード大学の研究チームが、医療に従事してきた約13万人のデータを分析。果物や野菜を多くとることで、体重がどう減少するのかを4年ごと、計20年間にわたって調査しました。その結果、果物を多くとった人は1週間で0.24キロ減少。野菜を豊富に摂取した人も1週間で0.11キロ体重が減少していることが明らかになりました」

 

そう語るのは、順天堂大学医学部教授で、自律神経研究の第一人者・小林弘幸先生。この結果は、ある意味、当然のことかもしれない。果物や野菜を多くとることで、太りやすい食材の摂取を抑えられるということだ。しかし、この調査ではどんな野菜が体重の減少につながるかまで、示しているのが興味深いところ。

 

「調査によると、枝豆や豆腐を含む大豆を追加した人で1週間1.12キロ、カリフラワーやブロッコリーで0.67キロと、それぞれの体重減少があったということです。いっぽう、体重が増加した野菜は、とうもろこしやじゃがいも、えんどう豆など。とくにとうもろこしを多くとっていた人は1.9キロ、じゃがいもでは0.6キロ、それぞれ1週間で体重が増加したというのです」

 

このことから、とうもろこしやじゃがいもなどのでんぷん質が豊富な野菜は、太りやすい野菜であること。さらには、多く食べてもやせやすいのが、非でんぷん質の野菜ということが見えてくる。だが、でんぷん質が豊富な野菜をまったく食べなければ、やせられる−−と、早とちりするのは厳禁。

 

「これらの野菜には、カリウム、ビタミンC、食物繊維など、体に不可欠な栄養素も多く含まれています。だから、非でんぷん質の野菜とあわせてとるなど、バランスが大切なのです。ちなみに、非でんぷん質の野菜といえば、先に挙げたブロッコリーやカリフラワー、ほうれんそうや小松菜などの葉物野菜、セロリ、トマト、ごぼうなどです」

 

そこで、小林先生がこの季節に食べやすい“やせる野菜”を使った「野菜おでん」を紹介。カロリーが高くなる練り物は一切使わないのが小林先生流だ。

 

「しっかり昆布でダシをとったスープに、大根やじゃがいもなどの定番の野菜、さらには、白菜(下ゆでしたものを丸めて乾燥パスタで刺して止める)、トマトやごぼうなど、好みの野菜を入れていきます。ポイントは、ダシをしっかりきかせること。それだけで体にやさしいだけでなく、おいしい『野菜おでん』に。これからの季節、栄養たっぷりの太らない『野菜おでん』で食べてやせましょう」

【関連記事】

声を出して読めばやせる!ドリアン助川の朗読ダイエット

新研究で明らかに…かつおだしは“やせるだし”だった!

朝日を浴びる、さっさと歯磨き…ノンストレスの「痩せる習慣5」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング