ホントに痩せる?楽天トラベル人気1位「断食の宿」に挑戦

投稿日: 2017年04月06日 17:00 JST

image

 

「ファスティング体験をする宿泊者の数が年々増加しています。予約数も’13年から3年間で2.2倍以上と人気急上昇中です」(楽天トラベル広報部)

 

先日、旅行予約サービスの楽天トラベルが、「ファスティング・断食体験プランが人気の宿ランキング」を発表し、話題を呼んだ。そもそも“ファスティング”とは?「ファスティングマイスター学院」の阿部ひとみ代表理事に聞いてみると−−。

 

「ファスティングとは一定期間“断食”をし、体を飢餓状態にすることで、疲労した内臓を休ませる、美容および健康法。古来の断食とは違い、ビタミンやミネラル、乳酸菌といった必要な栄養を摂取しながら行います」

 

体内のエネルギーには、“消化”に使われるものと“代謝”を促すものがあると阿部さん。

 

「食事を抜くことで、消化に費やすエネルギーを、代謝の活性化に使えるようになります。結果、デトックス機能が活発になり、傷んだ細胞の修復も促され、細胞レベルでのリセットが可能になります。だから、やせてきれいになるだけでなく、老化やメタボに効果があり、血管年齢を若返らせ、健康になれるのです。さらにファスティングの醍醐味は“足るを知る”ようになること。一定期間、食べないからこそ、その後の食事のおいしさを実感し、“食への感謝”を覚えられます」

 

かなり体によさそうに思えるファスティングだが、旅先で“断食”することを考えると、宿でどう過ごせるのか気になるところ。楽天トラベルによると、人気の宿には、初心者でも気軽に体験できるサービスが充実しているそう。先述の「ファスティング・断食体験プランが人気の宿ランキング」で、2年連続人気No.1となった、岡山県にある「ヘルスピア倉敷」が、いい例だという。

 

「断食中にとる有機にんじんや減農薬りんごのジュースはとてもおいしいと評判。さらにラドン温浴でデトックス効果を高められますし、曜日ごとにヨガやストレッチ、陶芸の教室などを楽しめるから、退屈せず、効果的なファスティングができるんです」(楽天トラベル中国営業グループ)

 

これは試すしかない!−−と、体重と悪玉コレステロールの増加に悩む本誌記者(54)が、「ヘルスピア倉敷」で2泊3日の“断食”初体験をしてきました。1週間ほど前に、健康状態を記す「質問票」と「同意書」を宿に送ることから、“断食”の旅をスタート!

 

■3月23日(木)

 

【チェックイン時に計測】体重51.3キロ、血圧138/85。

【15時半】ラドン水を持って温浴へ。暖かい床に寝て、おなかや腰を温めながらBGMを聴くうちに、すっかり寝入っていた。

【17時半】最初の“ディナー”へ。ダイニングルームからの見晴らしが気持ちいい。女性同士の2人組や、母娘、一人旅……と、客は女性ばかり。“夕食”は、にんじんジュース3杯。そこにレモンと梅干し、お茶も用意されている。

【18時】ヨガ教室へ。首、腰、肩甲骨と、呼吸とともに全身がほぐれた。

【22時】おなかがグーグーと鳴りだす。そういえば、以前“断食”の旅を経験した人が「テレビはダメ!食べ物のシーンが多くてつらくなるから」言っていたなあ。そこで読書に没頭−−。しばらくすると眠りにつけた。

 

■3月24日(金)

 

【朝計測】体重51.3キロ、血圧127/69

【6時】空腹に悩まされることはなく起床。前日のラドン温浴後、8時間はお風呂を控えるようにいわれたので、この日の朝、初めて展望風呂へ。

【8時】“朝食”も、にんじんジュース3杯と、梅干しとお茶。同じジュースなのに味が全然、違って感じる。昨日の夕方より、味覚が繊細になっているのがわかる。

【10時】具のないお味噌汁をいただく。

【10時半】金曜は倉敷市美観地区観光の送迎サービスがある。倉敷川沿いの、歴史ある建造物が並ぶ街を散策。

【12時】“昼食”として宿に持たせてもらったのは、にんじんとりんご、しょうがのミックスジュースのパック2つ。午後は倉敷川の川船に乗船。

【13時半】下船後、川沿いのベンチで2本目のジュースを。

【15時】施設に戻り、隣接されたボルダリングにも挑戦!

【15時半】施設の顧問・金政泰弘医学博士による「健康談話」を聴く。メモを取りながら、眠気と、少しだけ頭痛を感じる。ファスティングの好転反応として、「眠気、頭痛、宿便、目やに、舌ごけ、尿が濃くなるなどがある」と、談話で教えていただき納得。また断食後、通常の食事に戻すまでの「復食」期間が重要で、急にたくさん食べると、吐いてしまったり、胃けいれんを起こすこともあるそう。

【16時半】再びラドン温浴へ。

【17時半】最後の“夕食”も、にんじんジュース3杯と、レモン、梅干し、お茶。

【夜計測】体重51キロ、血圧125/77

【22時】オプションのエステで全身をほぐしてもらう。その後、自室のベッドで爆睡。

 

■3月25日(土)

 

【朝計測】体重50.8キロ、血圧114/75

【8時】最終日の“朝食”は、にんじんジュース1杯。

【8時半】亀島山へ約30分のウォーキング。

【10時】ファスティング終わりの「復食」は玄米の重湯。30分かけて、じっくり味わう。

【10時45分】チェックアウトし、“断食の旅”は終了!

 

“断食”の旅をとおして、驚くほど血圧が下がったが、体重はそれほどでもなかったなあと思いつつ、「復食」に努めること5日目の朝。体重計に乗ってみると、48.8キロに!1週間で2.5キロ減。体も軽く感じるし、「肌ツヤがいい」と人から言われる。食事もこれまでの腹八分目で満腹に。

 

楽しみながらの“断食の旅”で心身ともにリフレッシュ。これはかなりオススメです!

【関連記事】

朝日を浴びる、さっさと歯磨き…ノンストレスの「痩せる習慣5」

アイス食べたい時はレバーを!米国発「食べて痩せる」方法
キレイに痩せる!リバウンドしない 「ロカボランチ」レシピ3

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング