デブ芸人から美女芸人へ…まぁこのダイエットNG習慣10

投稿日: 2013年11月18日 07:00 JST

1年前、テレビ番組の企画で97キロだった体重を48キロ減量するという、究極のダイエットに成功したのが、ピン芸人のまぁこ(29)。その後も「太らない」習慣を身につけることで、理想的な体形をキープしている彼女にとって、減量前の生活はまさに「ダイエットNG習慣」のカタマリだった。

 

そこで、生まれ変わった美女芸人・まぁこが、当時のダイエットNG習慣10をご紹介!「ダイエットがうまくいかない!」と悩みを抱える人が、知らず知らずにやっている“やってはいけないこと”とは?

 

【NG習慣1・「おトク感」に弱い!】

「カフェに入ったら、ドリンク単品よりケーキセットを注文。なぜなら、おトクだからです。『大盛り無料』なら必ず大盛り。『お菓子を2個買ったらクリアファイルがもらえます』なんてときは、絶対に2個買おうってなるんです」

 

【NG習慣2・「足らない」ことが怖い!】

「食べ足りなかったらイヤだと思って、ラーメンは2個作ったりしてました。おなかがいっぱいになっても『残したらもったいない』『作った人に申し訳ない』と思って、全部食べます。『もっと食べたい』と思ったとき手元にないのが心配だから、同じお菓子は2個、買っておいたり」

 

【NG習慣3・「丼もの」が得意!】

「しょうが焼きはお皿を使わず、ご飯にのっける。ハンバーグも『ロコモコ風』に。まずは白米ありきで、いかにご飯をおいしく食べるか考えていると自然に丼ものが得意になります(笑)。さらにスプーンを使って食べれば、あまり噛まないでいいので早食いにもなります」

 

【NG習慣4・1回の量は多くないが「回数」が多い!】

「1回の量が少ないと、みんなに『小食だね』って言われてうれしいんです。でもじつは、どこかでその分食べていて。とくにそれが夜に集中するんです。ひどいときは朝・昼・夜ではなく、朝・夜・夜・夜・夜・夜で、1日6食というのもありました」

 

【NG習慣5・ベッドサイドに「完璧な準備」が施されている!】

「寝起きで口の中が気持ち悪いときも、水を飲んだり歯磨きしたりするのではなく、近くにあるポテトチップとかチョコを食べたりしてましたね。それで満足して、また寝るとか。食べて寝る、食べて寝る……の“魔のループ”です」

 

【NG習慣6・『外出』イコール「運動」である!】

「友人と食事に行くのに外に出ただけで、『運動した!』ってことにしてました。おカネもないのに雨が降っただけでタクシーに乗ったり……。もちろん、それでも外出は外出。運動したことにしていました。1駅分くらいなら歩ける距離だと知ったのは、わりと最近です(笑)」

 

【NG習慣7・食べるための「言い訳」をする!】

「『食べられないストレス』で食べちゃって、『食べたストレス』で痩せられない。『痩せられないストレス』で食べちゃって……。気持ちはわかりますが、そこは我慢。仕方ないからと、お菓子の袋を開けて1個食べる。すると『開けたから腐っちゃいけないし』と、言い訳をして全部食べちゃうんです」

 

【NG習慣8・痩せる「特効薬」があると信じている!】

「ダイエットを始めた当初は、ネットで『痩せる薬』と検索してました(笑)。そんな薬、あるわけないですよね。仮にあったとしても、食事制限や運動をいっしょにして初めて痩せるんです」

 

【NG習慣9・「無謀な目標」を宣言しがち!】

「『とりあえず、今月は2〜3キロ痩せよう』という人のほうが成功しやすいんじゃないでしょうか。体重が思うように減らないと『どうせ無理だ』ってあきらめちゃう。あきらめるのが早いと、ダイエット期間も短いまま終わってしまいます」

 

【NG習慣10・レコーディング・ダイエットで「嘘」を書く!】

「食べてもいないのに『こんにゃく』って書いたり、間食で食べたソーセージを、その日の帳尻合わせのために記憶から消してしまったり(笑)。自分に甘いから、意外と嘘をついてしまうんですよ」

 

体重を半減させた成功者の経験談は、重かった!

【関連記事】

芸人まぁこ 97kg→48kgの激ヤセかなえた“最強食材”

華原を復活させた神の手サロン潜入「ウエストが7㎝も」
専門家が太鼓判!「アイスクリームがダイエットに効く」理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング