“いい糖質”と“悪い糖質”、あなたが食べているのは?

投稿日: 2014年01月13日 07:00 JST

最近、糖質の摂りすぎは健康によくないとする『糖質制限』が話題になっている。昨年はこの糖質制限がダイエット方法としてブームにもなり、糖質はすっかり悪者に……。そんななか『血糖値に影響しない糖』として歓迎されてきたのが、『果糖』だった。

 

「果糖は読んで字のごとく、主に果物などに含まれる糖分。ブドウ糖と違い、果糖のほとんどは肝臓で直接代謝されるのが特徴。そのため、食べても血糖値が上昇しないのです。さらにブドウ糖より甘みが強く、カロリーも低いことから、肥満を防ぎ、健康にいいといわれてきました。ところが、最近この説に『待った』が。果糖も摂りすぎると、余った糖が脂肪として肝臓に蓄積され、中性脂肪の増加を招くことがわかってきたのです」

 

そう話すのは順天堂大学教授の小林弘幸先生。ヒトは血糖値の上昇により、脳の満腹中枢が刺激される。小林先生によると、果糖は血糖値に影響がないため、知らぬ間に食べすぎてしまう傾向があるという。

 

「中性脂肪が増加すれば、当然、血液はドロドロに!動脈硬化が進行しやすくなりますので、心筋梗塞や脳卒中が多発するこの時期は注意が必要。果糖の摂りすぎには気をつけたいですね」

 

とはいえ、果物を適量(1日200g程度)食べる分には、健康にとってはむしろいいことだらけ。果物には繊維質が豊富なため、果糖はゆっくり吸収されるし、ビタミンやミネラルなどもたっぷりと含まれている。

 

「問題は、主にとうもろこしから作られた『果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)』。甘みが強く安価で作られることから、ジュースやお菓子に多用されていますが、こちらは大量の果糖を一気に摂取してしまう恐れがあるのです!では、カロリーゼロのダイエット飲料などはどうでしょう?米パデュー大学の研究チームは『ダイエット飲料に使われる人工甘味料が、血糖値や血圧を調節するホルモンの分泌を狂わせる』と発表しており、健康への影響が懸念されています」

 

冬はなにかと甘いものが欲しくなる季節。だが、甘いジュースやお菓子に手を伸ばすのはほどほどにした方がよさそうだ。また、『カロリーオフ』と表記されていても、やはり摂りすぎには注意。

 

「今の季節、ママ友やお子さん同士の集まりには、ジュースの代わりに温かいココアを。カカオポリフェノールの抗酸化作用は血管を若々しく保ちます。さらに、コンビニのお菓子の代わりに、さつまいもが入った手作りスイーツでおもてなしすれば、食物繊維が腸内環境を整えて、血液はサラサラに!」

 

糖質制限といっても、甘いものをすべて我慢すればストレスのもとに。上手に切り替えて、おいしく楽しく、血液をサラサラにしよう。

【関連記事】

-11キロ話題の医師が語る“糖質制限法”のメリット

体重減だけじゃない…「糖質制限」の体質改善効果とは?
「糖質ダイエットが心筋梗塞リスク要因にも…」医師が警鐘

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング