夜更かしで乱れた生活リズムの改善に「きのこ」がおすすめ

投稿日: 2014年09月03日 08:00 JST

「最近、健康に深く関わる要因として注目を集めている体内時計ですが、これは脳内に存在するコントロールセンターのようなもの。地球の自転や公転に適応するため、適切な時間に各細胞へ指令を出し、血圧や体温、ホルモンの分泌などを制御しています。たとえば、昼間は体をアクティブにするために交感神経が優位になり、逆に夜間はしっかり眠って体力を蓄えるため副交感神経が優位になるのも、体内時計の働き」

 

そう語るのは、順天堂大学教授の小林弘幸先生。生活リズムが乱れると、この体内時計がうまく働かなくなり、体調を崩しやすくなるという。そもそも、体内時計を調整するには2つの主要な方法があり、ひとつは日光を浴びること、もうひとつが食事。では、食事の何が体内時計に影響しているのか。

 

「山口大学時間学研究所によると、その正体は、食事によって膵臓から分泌されるインスリン。マウスを使った実験では、夜行性のマウスに、日中、エサを与え続けると、肝臓など食事に関わる臓器で体内時計が昼夜逆転し活動的に」

 

いっぽうで、マウスにインスリンを阻害する物質を注射すると、同じように日中にエサを与えても、体内時計の調節が遅れたとのこと。

 

「つまり、食事によって分泌されたインスリンが、体内時計の調節に関わっているのでは、という結論になったのです。これを受けて、同大学では、時差ボケの人に、夕食の場合ならインスリンの分泌を促進するような成分を摂って体内時計を進めて、夜の時間に合った体にリセットできるのではないかと期待を寄せています」

 

体内時計のリセットという意味では、時差ボケに限らず、生活のリズムの改善にも、効果があるかもしれないと小林先生は言う。

 

「インスリンの分泌を促進する食品といえば、きのこ類やそば、ゴーヤなど。これらの食品に含まれるクロムやルチンやチャランチンなどは、いずれもインスリンの分泌を促進します。食欲が減退しがちな夏にピッタリな食材でもありますので、『夜更かし改善メニュー』として夕食に取り入れてみるのも、いいかもしれません」

【関連記事】

乱れにくい生活習慣を…知っておきたい体内時計のメカニズム

視力には鮭やエビ、憂鬱には肉…食品がもたらす健康効果
週末ゴロゴロ寝ているだけで痩せる「宇宙飛行士式」ダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング